コーニング,ウェーブオプティクスとAR向け光学部品をデモ

米コーニングインコーポレイティッドと,英ウェーブオプティクス(WaveOptics)は,1月8日~11日にラスベガスで開催されたCES 2019にて,ウェアラブルARディスプレー向けとなる,コーニングの超平坦・高屈折率ガラスウエハーを用いた導波路の光学性能のデモを行なった(ニュースリリース)。

ウェーブオプティクスのウェアラブルARディスプレーは,AR導波路向けに特別に設計したコーニングの高屈折率ガラスを搭載している。この超平坦ガラスにより,没入型視聴体験に欠かせない,広い視野と鮮明な画像を実現したという。

ウェーブオプティクスは,相手先ブランド設計メーカー(ODM)の中国ゴアテック(Goertek)や,ナノインプリントリソグラフィ装置メーカーのオーストリア イーヴィグループ(EV Group)との協働を発表しており,コーニングとの契約もそうした協働プロジェクトの一つ。

今回,コーニングは,高品質ARデバイス向け部品コスト(BOM)の低減に向けた重要な取り組みとして,グローバルなサプライチェーン構築によって高品質AR利用のハードルを大幅に引き下げるべく,ウェーブオプティクスと協力した。

一方,ウェーブオプティクスは,ARの普及には画質が極めて重要だとし,同社の導波路技術とコーニングの高屈折率ガラスの組み合わせが,没入型ARの成功に向けた重要なカギとなるとしている。同社の導波路に関する特許技術により,ARにおいて大型の視野窓を創り出すことが可能となり,没入度の高いAR体験が提供できるという。

コーニングはこれまでに,大手ARデバイスメーカー向けに最大クラスの超平坦・高屈折ガラスを量産納入した実績がある。コーニングのARソリューションは,同社の製品ポートフォリオのひとつであり,その精密光学・成形技術を活用して,マイクロエレクトロニクス分野におけるガラスソリューションの応用という新たなニーズに応えることが可能だとしている。

コーニングとウェーブオプティクスは昨年12月,導波路向け高屈折率ガラスウェハーの供給に関する長期契約を締結している。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,発電・蓄電するシート型生体センサー開発 2021年04月26日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • 東大,皮膚貼り付け光脈波センサーを開発 2021年04月20日
  • 日本触媒,iOLEDフィルム光源を織物に応用 2021年04月19日
  • 東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得
    東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得 2021年04月12日
  • NTT-AT,高屈折率ナノインプリント樹脂を開発 2021年03月31日
  • NEDOプロ,光学経皮ガスセンサー評価環境を構築 2021年03月31日
  • JOLED,塗布方式有機ELディスプレーの出荷開始 2021年03月30日