北陽電機,レーザー距離計測機器を発売

北陽電機は,レーザー距離計「PGLシリーズ」とレーザー距離センサー「LX2シリーズ」を発売する(ニュースリリース)。

レーザー距離計「PGLシリーズ」は,直接反射で最大100m,反射板使用にて最大180mの長距離計測,及び距離精度±3mm,繰り返し精度±0.7mmの高精度を実現。距離設定出力2点及び各種インターフェースでの距離データ出力を搭載しており,物流,製鉄,クレーン,港湾,製紙,インフラなど,さまざまなシーンでの距離測定用途への活用を想定する。

レーザー距離センサー「LX2シリーズ」は,距離2.5m,デジタル距離表示による分かりやすい距離設定出力方法,距離に応じたアナログ出力を搭載しており,位置決め,レベル制御など,ものづくりにおける距離測定用途への活用を想定している。

同社は,従来から発売している測域センサー(LiDAR)を使った広範囲の計測と今回新発売する機器によるスポット計測の双方をラインナップすることで,距離計測機器の充実化を行ない,ものづくりにおける自動化に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • NII,誤差のあるセンサーでもソフト変換で安全に 2021年05月27日
  • Micro-Epsilon Japan,DUV専用センサーを発売 2021年04月15日
  • 千葉大,人の心理状態をリモートセンシング 2021年04月13日
  • 新日本無線,反射型センサーのサンプル配布を開始 2021年03月16日
  • 三菱,広角・高精細赤外線センサーを発売 2021年03月16日
  • Micro-Epsilon,静電容量変位センサーを発売 2021年02月19日
  • 九大,印刷できる抗原抗体検査用光センサーを開発 2021年02月05日
  • シチズン電子,VCSELでレーザー市場に参入 2021年01月19日