住友電工ら,SiCトランジスタで最小オン抵抗を実現

住友電気工業は,産業技術総合研究所(産総研)らとの共同研究で,炭化ケイ素(SiC)半導体を用いたV溝型スーパージャンクショントランジスタを開発し,SiCトランジスタの世界最小オン抵抗を達成した(ニュースリリース)。

同社はこれまでに,「V溝型金属-酸化膜-半導体構造トランジスタ(VMOSFET)」を開発しており,電子の流れをオンオフするチャネル部分に特殊な面方位(0-33-8)を利用することで欠陥の少ない酸化膜界面を形成し,低オン抵抗を実現している。

SiCトランジスタの実用上での課題とされている閾値電圧変動についても,酸化膜界面の低欠陥特性を反映することで,高安定性を確保した。現在は,産総研と共同で構築した6インチSiCパワー半導体デバイス量産試作ラインを活用し,VMOSFETの製品化も進めている。

VMOSFETは,電流を制御するデバイス上部のチャネル部に独自構造を適用することで,低オン抵抗化を図ったデバイスだが,今回は新たに,耐圧保持層(ドリフト層)にスーパージャンクション構造を適用した。スーパージャンクション構造はシリコントランジスタにおいて抵抗低減効果が実証され,実用化されているが,SiCへの適用については製法が課題となり,原理実証レベルで留まっていた。

今回,エピタキシャル成長とイオン注入を繰り返して狭ピッチの柱状構造を形成することで,従来の課題を克服し,SiCスーパージャンクション構造を実現した。低チャネル抵抗であるVMOSFET構造に整合する設計およびプロセスを適用することで,1,170V/0.63mΩcm2の低オン抵抗を達成したとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,X線回折法でGaN結晶中の3次元歪み場を検出 2024年06月13日
  • 阪大ら,高純度GaNは光りにくい理由が変わると解明 2024年06月10日
  • 【解説】環境配慮を意識した技術・製品開発へ―GaN成長技術にも有毒ガス排除の動き 2024年06月04日
  • CFD,大電流パワー半導体用光プローブ電流センサー開発
    CFD,大電流パワー半導体用光プローブ電流センサー開発 2024年04月19日
  • 日清紡マイクロ,琵琶湖半導体構想に参画 2024年03月29日
  • NIMS,ダイヤモンド電界効果トランジスタを開発 2024年01月26日
  • 名大ら,AlN系UWBG半導体で理想的なpn接合実現 
    名大ら,AlN系UWBG半導体で理想的なpn接合実現  2023年12月15日
  • 公大ら,高放熱性窒化ガリウムトランジスタを実現
    公大ら,高放熱性窒化ガリウムトランジスタを実現 2023年12月04日