日清紡マイクロ,琵琶湖半導体構想に参画

日清紡マイクロデバイスは,新規次世代半導体材料を使用するパワー半導体による省エネ・グリーン化を目指すPatentixが推進している企業間連携を目的としたコンソーシアム,琵琶湖半導体構想(案)に参画すると発表した(ニュースリリース)。

Patentixは立命館大学発のベンチャーであり,同大学総合科学技術研究機構と共同で研究・技術開発している新規次世代半導体材料であるGeO2半導体エピウエハーの早期供給に向け,企業連携を促進している。

日清紡マイクロデバイスはその活動に賛同し,また,新規半導体材料の研究開発に適した半導体製造ラインとシリコン半導体以外にも各種化合物半導体素子のデバイス設計・プロセス技術を有しており,これらがPATENTIXにおける研究開発の活動に有効なことから,新規次世代パワー半導体候補としてGeO2材料の基礎研究と,将来の新規次世代パワー半導体向け応用への協力をすることになったという。

その他関連ニュース

  • AnsysとTSMC,最先端半導体向けソフトで協業 2024年05月14日
  • CFD,大電流パワー半導体用光プローブ電流センサー開発
    CFD,大電流パワー半導体用光プローブ電流センサー開発 2024年04月19日
  • SSS,タイの事業所で光半導体製造を開始 2024年03月29日
  • NVIDIA,計算機リソグラフィを生成AIで大幅高速化 2024年03月21日
  • ブイテク,半導体フォトマスク検査装置を初出荷 2024年02月09日
  • トッパンフォトマスクとIBM,2nm向けマスク開発へ 2024年02月09日
  • SCREEN,基板向けAI検査計測ソリューションを設立 2024年01月29日
  • PDSら,ノーマリ・オフ ダイヤモンドMOSFET開発 2024年01月19日