キヤノン,3Dプリンター用セラミックス材料と作製技術を開発

キヤノンは,独自の3Dプリンター用セラミックス材料を用いて,複雑な形状のセラミックス部品を高精度に作製する技術を開発した(ニュースリリース)。

樹脂や金属などの材料を用いた3Dプリンターは,多品種少量の部品を手軽に試作・製造できるため,広く普及し始めている。しかし,これまでの3Dプリンター用セラミックス材料には樹脂を含むものが多く,造形後の焼成工程において20%程度の収縮が生じるため,高精度な部品作製が難しいとされていた。

今回,同社は3Dプリンターの造形法である選択的レーザー溶融法に適したアルミナ系セラミックス材料と部品作製技術を新たに開発した。レーザー溶融法とは,金属の造形で一般的に用いられ,材料にレーザーを照射する事で溶かして積層する3Dプリンターの造形法の一種。

今回の技術の活用により,一般に金型での成形や切削加工が難しい中空構造や多孔質構造など複雑な形状のセラミックス部品を3Dプリンターで安定的に作製できる。例えば,六角形の空孔をもつ直径約19mmのハニカム形状部品を作製した場合,焼成工程前後の外形寸法変化が0.8%未満の高精度な部品を作製することができるという。

同社は今後,セラミックスの優れた絶縁性・耐熱性・耐食性を生かし,今回の技術で作製したセラミックス部品が,産業機器をはじめとしたあらゆる分野で活用されることを期待するとしている。

その他関連ニュース

  • 岡本硝子,名大ベンチャーとAlN材料で連携 2021年05月17日
  • イグアスとXYG,光硬化樹脂開発用光造形機を発売 2021年05月13日
  • ニコン,チタン対応光金属造形加工機を発売 2021年04月27日
  • 2020年3Dプリンター出荷台数,微減の36.4万台 2021年04月12日
  • ニコン,米金属3Dプリンティング企業を買収 2021年04月06日
  • 東北大,固体蓄電デバイスを3Dプリンティング 2021年04月02日
  • NIMS,機械学習でAM用超合金粉末のコスト削減 2020年11月30日
  • 富山大ら,3Dプリンターで触媒付き反応容器を作製 2020年08月17日