オキサイド,真空紫外レーザー事業を譲受

オキサイドは,米国の真空紫外レーザーメーカーLumeras, LLCより,114nm(11eV)のレーザー事業を8月25日譲受したと発表した(ニュースリリース)。

114nm真空紫外レーザーは,米国のStanford大学発ベンチャー企業であるLumeras社が開発し提供してきたレーザー光源。近年,最先端材料の研究領域で,急速に注目されてきた光電子分光装置の励起用レーザーとして,世界の主要研究機関で利用されているという。

オキサイドは紫外領域の波長変換に必要な非線形結晶の製造技術を保有しており,その結晶を利用した深紫外レーザーを供給してきた。今回,Lumeras社の真空紫外レーザー事業を譲受することより,紫外(355nm),深紫外(266nm,213nm),真空紫外(114nm)をカバーする世界で唯一のレーザーメーカーになったとしている。

その他関連ニュース

  • 【光フェア】QDレーザのマルチカラーレーザー光源 2021年11月17日
  • SP,80W UVハイブリッドファイバーレーザー発表 2021年11月17日
  • SP,バイオイメージング向けレーザーの機能拡張 2021年11月09日
  • QDレーザ,小型マルチカラーレーザー光源を発売 2021年11月08日
  • santec,米光測定器メーカーを孫会社化 2021年11月02日
  • 浜ホト,小型ビームパターン光源を高密度集積 2021年10月26日
  • 三菱,広動作温度範囲CWDM 100Gb/sチップ開発 2021年10月26日
  • リコー電子と新日本無線,合併統合へ 2021年10月20日