「はやぶさ2」,リュウグウ表面を高度6kmから撮影

宇宙航空研究開発機構(JAXA),東京大,高知大,立教大,名古屋大,千葉工大,明治大,会津大,産総研らは,7月16日の週,小惑星リュウグウ(Ryugu)に到着した小惑星探査機「はやぶさ2」の高度を下げるという運用を行ない,高度が6kmを切るくらいまで下げてリュウグウの表面を撮影した(ニュースリリース)。

6月27日にリュウグウに到着した「はやぶさ2」は,その後,小惑星から約20km離れた地点(ホームポジション)に滞在して,リュウグウの観測を続けてきた。今回,望遠の光学航法カメラ(ONC-T)によってリュウグウを撮影した。

これまでのホームポジションから撮影されていた画像と比べると,解像度が約3.4倍上がっており,1画素が約60cmに対応する。画像中央付近にリュウグウ表面で最大のクレーターが写されているが,“すり鉢”のような形をしていることがよく分かる。また,リュウグウの表面が非常に多数の岩塊(ボルダー)に覆われていることも分かる。この写真は,着陸地点を選ぶ上でも重要な情報となる。

今回,「はやぶさ2」は高度を下げた運用はBOX-C運用と呼ばれるものになる。プロジェクトでは,BOX-A,BOX-B,BOX-Cというものを定義している。BOX-Aがホームポジションに対応するもので,高度が約20km。BOX-Bは高度はBOX-Aと同じだが,前後左右に±10kmまで移動できる範囲になる。そしてBOX-Cは前後左右はBOX-Aと同じだが,高度を5kmくらいまで下げたところまで含む領域となっている。

今回は,BOX-Cでの運用を行なったが,7月17日からゆっくりと降下を開始した。最低高度付近に滞在していたのは7月20日からの1日間。この期間に観測を実施した後,7月21日に上昇を開始し,7月25日にBOX-Aに戻ったという。

その他関連ニュース

  • 東大,急に明るくなり高輝度で輝く超新星の謎解明 2022年01月19日
  • 東大ら,星のゆりかごに多数の浮遊惑星を発見 2021年12月23日
  • 東大,天の川銀河の外縁部に予想外の構造を発見 2021年12月17日
  • 東大ら,Ia型超新星の爆発直後の閃光を捕捉 2021年12月09日
  • 東大ら,物質優勢宇宙を重力波で解明可能と指摘 2021年12月09日
  • 理研ら,X線偏光観測衛星を打ち上げ 2021年12月09日
  • 東大ら,氷表面の異常に低い赤外光吸収効率を解明 2021年12月07日
  • 東大ら,太陽系近くに低日射の小型系外惑星を発見 2021年12月07日