ソニー,世界最小フルHD LCOSと専用LSIを発売

ソニーは,ポータブルプロジェクター用ディスプレーデバイスとして,フルHD解像度で世界最小サイズの0.37型の反射型液晶ディスプレーデバイスSXRDTM(Silicon X-Tal(crystal) Reflective Display)「SXRD241A」と,高画質信号処理機能を搭載した専用駆動LSI「CXD3554GG」を2018年8月に商品化する(ニュースリリース)。サンプル価格はそれぞれ12,000円(税抜)。

「SXRD241A」は,独自の狭画素ピッチ技術により,0.37型でフルHD解像度を実現した。画素ピッチは,従来商品の6μmから4.25μmに約30%縮小している。一般的にプロジェクター用のディスプレーデバイスは,画素ピッチが狭いほど,画素半導体素子への光漏れが起きやすく,光リーク電流が増加することで画質の悪化が生じやすくなる。新製品では,従来商品から1画素の面積が約50%となったにも関わらず,遮光層の追加や画素構造の最適化により,遮光特性を大幅に向上している。

また,RGBの光源を順番に高速で切り替え,そのタイミングに合わせて液晶を駆動させる,時間分割の駆動方式を採用することで,1つのパネルでフルカラー表示を可能にした。加えて,4Kハイエンドホームプロジェクター向けに培った,高反射率を実現する狭画素電極間構造や,液晶層への光乱反射を低減する画素間平坦化技術,および無機配向技術を用いたノーマリーブラックモードなど,SXRDの独自技術を採用することにより,高解像度や高コントラスト性能,高輝度を実現したという。

専用駆動LSI「CXD3554GG」は,独自の高画質信号処理機能によりSXRDの特性を最大限に引き出す。新たに,投影面が曲面でも歪みの無い映像に補正する幾何補正や,複数台のプロジェクターを使用した際に,つなぎ目を感じさせない1つの映像の表示を可能にするエッジブレンディング機能を内蔵し,ポータブルプロジェクターのユーザビリティーを高めるとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,マーカー無しで高速運動物体へ映像投影 2021年12月02日
  • 車載タッチパネル,EV化に向けインセルへシフト 2021年11月29日
  • シャープ,mini LED+量子ドットテレビを発売 2021年10月27日
  • 神大ら,子供の成長を促す投影システムを開発 2021年10月13日
  • カシオ,プロジェクターの「組込領域」事業を開始 2021年08月24日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 2021年偏光板世界生産量,前年比8.3%増の6.2億m2 2021年05月26日
  • ソニー,4K HDRプロジェクターを発売 2021年04月19日