エプソン,高輝度モデルなどレーザープロジェクターを拡充

エプソンは,レーザー光源のビジネスプロジェクター高輝度モデルの新商品として,6機種7モデルを2018年8月より順次発売すると発表した(ニュースリリース)。

同社のレーザー光源モデルは,3LCD方式による明るく高コントラストな高画質映像投写や,軽量・コンパクトな本体,20,000時間メンテナンスフリーで長時間稼働の実現などの特長がある。

新商品の「EB-L600シリーズ」は,レーザー光源による高輝度・高画質・信頼性をクラス最軽量のコンパクトな本体に盛り込み,4,500 lm~6,000 lmをラインナップ。企業の中~大会議室でのプレゼンテーションや,教育機関における数十人規模の講義室での授業・学会など,100インチ~120インチの大画面投写に適している。

また,近年注目が高まりつつあるプロジェクションマッピングやパブリックビューイングイベントに適している「EB-L20000U」と「EB-L12000Q」もラインナップ。高輝度20,000 lmの「EB-L20000U」と,同社初のネイティブ4Kモデル「EB-L12000Q」により,プロフェッショナルが求めるニーズにも応える。

その他関連ニュース

  • ソニー,4K HDRプロジェクターを発売 2021年04月19日
  • 富士フイルム,新型超短焦点プロジェクターを発売 2021年03月16日
  • リコー,超小型LEDプロジェクターを発売 2021年02月02日
  • エプソン,3LCD方式プロジェクター新モデル発売 2020年10月27日
  • リコー,最至近投影が可能なプロジェクター発売 2020年07月27日
  • 富士フイルム,回転機構プロジェクターに新機種 2020年07月17日
  • アストロデザイン,高輝度8Kプロジェクター発売 2020年06月29日
  • ウシオのプロジェクター,日本科学未来館に採用 2020年06月17日