【人とくるま】HELLA,レーザーヘッドランプを展示

自動車部品メーカーの独HELLAは,Audi A8に搭載するレーザーヘッドランプシステムを「人とくるまのテクノロジー展2018」(パシフィコ横浜)にて展示している。

このシステムは昨年発売されたAudiの最高級グレードのセダンであるA8に搭載されているもので,ロービームとハイビームをLEDで構成し,さらに「レーザースポット」と呼ばれるレーザーヘッドランプをハイビームの補助光源として装備する。

光源には,出力3W ,波長455nmの青色半導体レーザーを白色光に変換したものを使用。高速道路などで車速が70km/hを超えると自動的に点灯するようになっており,通常のハイビームの照射距離を,レーザースポットを使うことで2倍程度(600~700m)にできるようになるという。なお,この半導体レーザーは日本製だとしている。

また,ハイビームのLEDは32個×2列で構成されており,前車や対向車を検出して配光を制御するADB(配光可変ヘッドランプ)となっている。さらに,このレーザースポットも道路のカーブなどに合わせてリフレクターを用いて3パターンの配光制御が可能になっている。

価格は「レーザースポット」の無いヘッドランプシステム(片側)のディーラー価格が3000ユーロ(約38万円)。「レーザースポット」を装備すると3500ユーロ(約45万円)になる。「レーザースポット」の装備によってヘッドランプシステムの体積は変わらない。消費電力(90W)も著しく増えることは無いという。

海外の自動車メーカーでは最高グレードの車種にレーザーヘッドランプを採用するケースが増えており,このうちHELLAはAudiのA8以外にもBMWの7シリーズにレーザーヘッドランプを供給している。他にはAudiのR8に独Automotive Lightingが,レンジローバーのヴェラールには仏Valeoが供給している。

その他関連ニュース

  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日
  • 静岡大ら,「まぶしい」ときの脳活動の過程を解明 2021年08月17日
  • 2030年車載ECU市場,19年比75%増の15兆5,819億円 2021年06月21日
  • AGCのガラススクリーン,タクシーでの広告に採用 2021年03月18日
  • ams,ドライバー監視用VCSELを発売 2021年01月20日
  • 京大,光増強ナノアンテナシールを開発 2021年01月19日
  • 日立AMSのステレオカメラ,スズキが採用 2020年12月21日
  • パナの小型HUD,スズキの新型車に搭載 2020年12月04日