東大ら,タンパク質のダイナミックな変化を1分子観察

東京大学と大阪大学の研究グループは,1分子イメージング技術を用いて,クライアントタンパク質の一つであるアルゴノートの形がダイナミックに変化する様子を直接観察することに,世界で初めて成功した(ニュースリリース)。

タンパク質の一部は,「介添人」の役割を果たすシャペロンの助けを借りることにより,自身の形を変えることではじめて機能を発揮することができるようになる。このようなタンパク質は「クライアントタンパク質」と呼ばれ,細胞の中に少なくとも数百種類あることが知られている。しかし,シャペロンがクライアントタンパク質の形をどのように変化させるのかについては,これまで詳しく調べる方法がなく謎に包まれていた。

シャペロンは,作られたばかりのタンパク質の形を整えるだけでなく,完成したタンパク質の形を変化させることによって,そのタンパク質の持つ本来の機能を引き出し,活性化する作用がある。分子シャペロンの一つにHsp70とHsp90という2つタンパク質を中心としたHsp70/90シャペロンシステムがある。

研究グループは,アルゴノートの2つの異なる場所にそれぞれ異なる蛍光分子で目印をつけ,1分子イメージング技術を用いることで,Hsp70/90シャペロンシステムのはたらきによってアルゴノートの形がダイナミックに変化する様子を直接観察することに成功した。これは,このシャペロンシステムがクライアントタンパク質の形を変化させる過程を1分子レベルでとらえた,世界で初めての例。

今回,アルゴノートをモデルとして,それぞれのシステムの役割を詳しく調べてみると、Hsp70/90システムは共にアルゴノートを開かせる方向にはたらくものの,その作用メカニズムには大きな違いがあることが見いだされた。このシステムのはたらき方の違いと協調動作のしくみは,様々なクライアントタンパク質に対しても共通であると考えられる。

よって今回の研究は,長年不明だった「Hsp70/90シャペロンシステムはクライアントタンパク質に対して何を行っているのか」という根本的な問いに対し,1つの答えを与えるものだという。

近年,シャペロンのはたらきを制御して,がんやアルツハイマーなどの原因となるタンパク質の機能を調整することにより,病気の治療を行なうという試みがなされている。この成果は,シャペロンが担う分子レベルの役割に迫るものであり,現在進められているシャペロンを標的とする医薬品の開発などの応用を加速することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,バクテリア由来の発光タンパク質を高光度化 2021年08月24日
  • 阪大,細胞内を0.1℃で計る蛍光タンパクを開発 2021年08月23日
  • 農工大ら,結合タンパク質を金ナノ粒子で同定 2021年06月10日
  • 横市大ら,タンパク質の抗体結合で解析をアシスト 2021年04月20日
  • 東北大ら,光と分子で細胞内の蛋白質を自在に連結 2021年04月08日
  • 東大,原核生物が光で水素イオンを取込む構造解明 2021年03月30日
  • 筑波大,光で繊毛運動を調節するタンパク質を発見 2021年03月01日
  • 広島大ら,髪の熱ダメージ過程を放射光で観察 2020年10月14日