NCNP,統合失調症へのtDCS治療効果をNIRSで予測

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)の研究グループは,経頭蓋直流電気刺激(transcranial direct current current stimulation,tDCS)の統合失調症に対する治療効果を,近赤外線スペクトロスコピー(near infrared spectroscopy,NIRS)で予測し得ることを,世界で初めて見出した(ニュースリリース)。

統合失調症は一般人口の約1%が罹患する,原因不明の精神疾患で,主な症状として幻覚や妄想などの精神病症状が挙げられる。tDCSとは1-2mA程度の微弱な電流を頭皮上から当てる方式のニューロモデュレーションで,麻酔の必要がなく,副作用のリスクが小さいなどの利点がある。

研究グループは先行研究で,tDCSが統合失調症の精神病症状や認知機能障害を改善することを見出した。これを受け,今回の研究ではtDCSによる精神病症状の変化値と,NIRSで測定される酸素化ヘモグロビンの積分値との関連を解析した。

NIRSは,生体組織に対して透過性が高い近赤外光の反射光を測定して血中の酸素化ヘモグロビンを調べ,脳活動を捉える検査。その結果,左頭頂側頭部の酸素化ヘモグロビン積分値と,精神病症状の変化値の間に,有意な相関が示された。

今回の研究結果から,ニューロモデュレーションの統合失調症への治療効果において,NIRSで測定される酸素化ヘモグロビンがバイオマーカーとなる可能性が示された。これにより,tDCSの効果を事前に予測し,合理的な運用につながることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • NICTら,光沢による魅力度を反映する脳活動を特定 2021年03月16日
  • 生理研,シナプスの情報伝達効率を光で強化 2021年02月04日
  • 京大ら,映像酔いの回復時に脳結合の増加を発見 2021年01月22日
  • 東北大,生体へ適用可能なpH可視化プローブを開発 2020年12月21日
  • 高健大ら,記憶タンパク質をライブイメージング 2020年09月23日
  • 理研,匂いが同様に認識される仕組みを解明 2020年08月21日
  • 理研ら,VRと二光子顕微鏡で脳内地図を観察 2020年07月08日
  • 理研,光遺伝学などで脳領域「前障」の機能解明 2020年05月13日