【OPIE’18】ルミネックス,高解像度SLMをデモ

ルミネックスは,独HOLOEYE Photonics社製 反射型空間光変調器(SLM)を光技術総合展示会「OPIE’18」(4月25日~27日,パシフィコ横浜)にて展示している。

SLMは空間的・時間的に振幅変調,位相変調,または偏光を変調するために使用されるデバイス。この製品は解像度1920×1080(2K)と4160×2464(4K)のタイプがあり,それぞれ60Hzで駆動する。ピクセルピッチが小さいのが特長で,ぞれぞれ3.74μm(4K),8μm(2K)となっている。

USBポートを装備しており,PCを使わなくとも手軽に使用できる。同社では映像系や光通信の研究に適しているとしているほか,加工用などハイパワーのアプリケーションにも適用可能だという。

今回,同社ブースではこのSLMの2Kタイプのデモを行なっているほか,同展示会のドイツパビリオンではHOLOEYE Photonics社も出展しており,そちらでは4Kモデルのデモも見ることができる。

その他関連ニュース

  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • 【OPIE】電気硝子,UV-C LED用リッドを展示 2021年07月01日
  • 浜ホト,世界最高出力の産業用パルスレーザー開発 2021年06月28日
  • 浜ホト,世界最高の耐光性能を持つSLM開発 2020年07月02日
  • 光技術総合展示会「OPIE’20」,WEBにて開催! 2020年04月22日
  • 【OPIE’19】「オンリーワン」技術を見に行こう 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 阪大,バーチャル位相グレーティングで高精度ビーム成形
    阪大,バーチャル位相グレーティングで高精度ビーム成形 2019年03月19日