【OPIE’18】生田精密,非球面レンズ研削加工機を展示

生田精密研磨は,モディアシスムテズ,さとう技研と共同で開発したNC非球面レンズ切削加工装置「MiniMiller MM100-LG80」を光技術総合展示会OPIE’18(4月25日~27日,パシフィコ横浜)にて展示を行なっている(関連記事)。

この装置は同時4軸制御機構を備えたNC切削機を非球面レンズ加工に応用したもので,専用のソフトウェアに母材の削り量を入力するだけで非球面レンズを削りだすことができる。

これまでのように高価な装置を必要とせずに非球面レンズを手軽に作ることができる1000万円をきる925万円という価格は中小メーカーや研究室などでの試作に最適。またフットプリントは650×780mm(高さ1490mm)と小型で設置スペースをとらない。

会場では実際に加工のデモとサンプル展示を行なっており,多くの来場者が同社ブースに立ち寄っている。この盛況について同社担当者は「初日の午前中だけでこれだけの方に来てい頂いけたのは,この装置が認められている証明だと思う」としている。

その他関連ニュース

  • エドモンド,アサーマルレンズを発売 2022年08月02日
  • 東北大,レーザーを電顕のレンズにする手法を発案 2022年04月11日
  • 三井化学,植物由来のメガネレンズ材料を発売 2022年04月05日
  • 【光フェア】太平貿易,SWIR検査システムをデモ 2021年11月18日
  • 【光フェア】シンターランドの大型ZnSレンズ 2021年11月18日
  • タムロンら,広角撮影が可能な眼底カメラを開発 2021年09月17日
  • OKI,車載カメラのフォギング試験サービスを開始 2021年08月31日
  • エドモンド,VSDイノベーションアワード受賞 2021年08月05日