はやぶさ2,目標の小惑星の撮影に成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は,小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星Ryugu(リュウグウ)の撮影に成功したと発表した(ニュースリリース)。

「はやぶさ2」は,「はやぶさ」後継機として小惑星サンプルリターンを行なうミッション。「はやぶさ2」が目指す小惑星(162173)リュウグウ発見の報に接し,はやぶさ2プロジェクトは小惑星到着の最終準備段階へ移行した。探査機の航路,性能ともに問題なく,このままリュウグウへの進路を維持し,最大推力で進行する。

今回の撮影にははやぶさ2に搭載されている,飛行用(光学航法用)に使われる光学航法望遠カメラ(ONC-T)を使用した。観測機器の試験の一環として,(想定される)リュウグウの方向へ向けて撮影を実施した。

ONC-Tから見たリュウグウの明るさは天体の明るさを表す尺度では9等程度(見かけの明るさ)と推定される。撮影した画像からは周囲の恒星との相対位置が変化している様子も確認できてたという。

その他関連ニュース

  • 東大ら,遠方銀河が観測方向で隠れる可能性を指摘 2021年05月11日
  • アルマ望遠鏡など,巨大フレアを同時多波長観測 2021年04月27日
  • 東大らの観測プログラム,新規宇宙望遠鏡で採用 2021年04月27日
  • ABCら,系外惑星に初めてOH分子を発見 2021年04月27日
  • オリンパス,顕微鏡用デジタルカメラを発売 2021年04月27日
  • アルマ望遠鏡,重力レンズで129億年前の光を観測 2021年04月23日
  • 立命大ら,隕石中にCO2に富む液体の水を発見 2021年04月22日
  • 東大ら,超広視野多天体分光器でスペクトルを取得 2021年04月22日