ギガフォトン,液浸露光装置向けArFエキシマレーザーを出荷

ギガフォトンは1月,最先端の液浸露光装置向けArFエキシマレーザー、「GT65A」1号機を出荷したと発表した(ニュースリリース)。この製品はレーザーの安定稼働とプロセスマージンの向上を提供し,リソグラフィ装置の生産性向上に大きく貢献するとしている。

この製品の特徴であるダウンタイム最大50%の改善は,主要モジュールであるチャンバの寿命を30%延長させたことと,これまで同社が積み上げてきた経験とノウハウをベースとしたメンテナンスの効率化により実現した。

また,スペクトル制御機能である安定化技術「eMPL Solid」と,コントロール機能「hMPL」は,CDの均一性の向上およびプロセスの最適化と拡張性を可能にした。

さらに,ヘリウムガスの無使用化を実現。これにより,環境負荷低減だけでなく,将来におけるヘリウムガスの供給不足や価格高騰の際のリスクを大幅に減らし,顧客のサステイナビリティ向上とCSR活動に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • SEMI,2020年半導体製造装置販売額は19%の急増 2021年04月14日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • SEMI,半導体前工程製造装置投資額は3年連続最高 2021年03月17日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日