エドモンド,顕微鏡用接眼レンズの発売を開始

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,顕微鏡用接眼レンズの発売を開始した(製品ページ)。

通常,接眼レンズはセット販売されるが,この製品は求めやすさと使い勝手を考慮してバラ売りで販売される。様々な顕微鏡システムに装着でき,ダブレットタイプの色消しレンズに平凸レンズを組み合わせ,両レンズの凸面側を向かい合わせた構成のデザインを採用している。

10X,15X,20Xの倍率をラインナップ。標準的なアクロマート対物レンズを利用した直立型の明視野顕微鏡システムへの使用に最適。欧州RoHS指令に適合しており,倍率,焦点距離,視野径別に複数ラインナップする。10X,15X,20Xの3種類の倍率を標準で揃え,焦点距離は25mm,16.7mm,12.5mm,視野数はそれぞれ16mm及び13mm。

倍率10Xタイプは視野数が18mm及び22mm,アイレリーフが19.85mm及び20mmの二種類を提供する。視度調節機構付きの広視野バージョンに加え,DIN-45mmバージョンをラインナップ。全品在庫販売体制により,短納期で供給するとしている。

その他関連ニュース

  • 農工大,複合的観察が可能なレーザー顕微鏡を開発 2021年10月08日
  • ニコン,目の負担軽減する検査用顕微鏡を発売 2021年10月04日
  • タムロンら,広角撮影が可能な眼底カメラを開発 2021年09月17日
  • OKI,車載カメラのフォギング試験サービスを開始 2021年08月31日
  • 阪大,マシンビジョンで細胞100万個同時観察 2021年08月20日
  • エドモンド,VSDイノベーションアワード受賞 2021年08月05日
  • 横市大ら,気孔を認識するAI顕微鏡システムを開発 2021年07月29日
  • 群大ら,高精細・低コスト3Dイメージング法を開発 2021年07月13日