千葉大ら,世界最薄の有機分子膜作成を実現

千葉大学と京都大学の研究グループは,鉄磁石を利用してこれまでの1000分の1以下の薄さとなる世界最薄の有機分子膜作成を実現した(ニュースリリース)。

昨今,有機ELディスプレーなど,非常に薄い膜を使用した家電製品が実現してきている。これにより,壁掛けテレビや曲がるテレビが開発されている。また,スマートフォンのディスプレーにも有機分子膜が使われている。

さらに分子膜を薄くできれば,膜作成に必要な分子の量を節約でき「省資源」化につながる。さらに,薄くすることで,より小さな電力で分子膜を機能させることができ「省エネ」が実現する。

現在の分子膜の厚さは約0.001mm。これでも十分薄いが研究グループは走査トンネル顕微鏡(STM)を用いた超高感度の顕微鏡観察から,既存の手法で分子膜を薄くしていくと,室温では1個1個の分子が動いてしまい,安定な膜にならないことを発見した。

ところが,鉄磁石の力をかりると,この分子の動きがピタッととまり,非常に安定な分子膜となることを発見した。しかも,その分子膜の厚さを0.0000003mmという,現在使われている分子膜の1000分の1以下にまで薄くすることに成功した。

その他関連ニュース

  • 東北大,分子吸着で磁石になる多孔性材料を開発 2021年04月26日
  • 東大ら,一原子層単位の深さ精度で鉄を磁性探査 2020年12月07日
  • 兵県大,分子一層の超薄膜でトランジスタ性能向上 2020年11月20日
  • 東北大ら,プラスチック表面に多孔質コーティング 2020年11月05日
  • NIMSら,機械学習で薄膜作製プロセスを高速化 2020年10月22日
  • 東大ら,高真空・低温のアモルファス膜構造を解明 2020年09月09日
  • ニデック,機能性薄膜付フェイスガードを発売 2020年08月05日
  • 東大,史上最薄となる高分子樹脂を開発 2020年07月20日