立命館ら,無線給電の光るつけまつげの動作を実証

立命館大学は,ウエアラブルデバイス用の無線送電手法として,受電機との距離に応じて送電電力を制御する電力制御付き送電機を開発した。また,資生堂との共同研究により,レクテナ,LED,光ファイバーを一体化した超小型受電機をつけまつげをデバイスに取り付け,電池や配線なしで1.5m離れた場所から点灯させることを実証した(ニュースリリース)。

開発した送電機は,超音波を用いた距離センサーによって人体との距離を計測することで,CPUで距離に応じて送電電力を制御することができる。このことで,人体と送電機間の距離が変動しても,国の定める防御指針以下に制御した電解強度の電磁波を放射することができ,デバイスへの電力供給を可能とした。

また,受電機には直径1mm,長さ30mmの発光型光ファイバーにレクテナ(アンテナ,整合回路,および,整流回路)とLEDを組込んだ一体型の受電機を用い,これをつけまつげに取り付けることで,超小型ウエアラブルデバイス「光るつけまつげ」を実現した。

ウエアラブル機器を数m先の近距離から電磁波で無線給電できれば,その電磁波環境下では,電池切れの心配なくウエアラブル機器を常時使用することが可能となる。

これまで,ウエアラブル機器を近接させ,コイルやコンデンサによる磁界や電界変化で機器の2次電池を充電する近接型の無線給電システムは実現されてきたが,電磁波で近距離から機器に給電し直接駆動する手法は,まだ実用化されていない。

電磁波によって遠方から無線給電を行なう場合には送電電力を大きくする必要がある。一方で,ウエアラブル機器を装着した人体は移動するため,送電機側に近づくと,その電界強度が人体の電磁波に対する防御指針で示された61.4 V/mを超えてしまう問題があった。また,受電機側では,ウエアラブルデバイスが小さくなればなるほど,レクテナサイズの小型化が必須となる。

実験では,1.5m離れた場所から電力10Wの送電によって,つけまつげに取り付けたデバイス内のLEDが電池や配線がない状態で点灯することを確認した。また,送電機と受電機の距離を変化させてもLEDの輝度が変化しないことを確認した。

研究グループは今後,超小型ウエアラブルデバイス「光るつけまつげ」が化粧とリンクしたファッションとして広がるよう完成度を上げていく。また,つけまつげ以外のウエアラブルデバイスに展開することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 【光フェア】東工大,光無線給電技術を展示 2021年11月17日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • 2025年ウェアラブル/ヘルスケア市場,1兆731億円
    2025年ウェアラブル/ヘルスケア市場,1兆731億円 2021年10月26日
  • 東大,実用的な塗布型TFTの構築に成功 2021年10月13日
  • 古河電工,埋め込み医療機器の位置をLEDで確認 2021年09月29日
  • 阪大ら,光照射でフレキシブル集積回路特性を制御 2021年09月22日
  • 東大,最薄の皮膚貼り付け電極で1週間心電計測 2021年09月17日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日