京大ら,固体-液体界面での水分子分布を可視化

京都大学とフィンランドAalto大学らの研究グループは,液体の中でも動作する原子間力顕微鏡(AFM)を用いて,結晶試料の表面で水分子がどのように分布しているのか可視化することに成功した(ニュースリリース)。加えて,結晶の帯電によってその分布が異なることを発見した。

液体と固体が接する固液界面は,結晶成長や触媒反応といった現象が生起する特徴的な場所となっている。体内でも分子の特異結合・吸着といった種々の生化学過程を引き起こす場として極めて重要な役割を担っている。例えば電池の電極反応は,固体の電極と液体の電解質が接する界面である固液電極界面に形成される電気二重層内で進む。

また,生体適合性材料の表面にタンパク質がどのように吸着し影響を受けるかは,材料とタンパク質の界面に形成される水和殻/水和構造に強く関連している。

このように極めて広範な研究分野において,固体-液体界面での帯電状態と水和構造やイオン吸着との関係を理解することが,表面化学反応や生体機能発現の分子レベル的理解へと直接つながると考えられているが,これまでの実験・理論のどちらの面においても,依然十分な理解は得られていなかった。

研究グループは,クリノクロアと呼ばれる層状ケイ酸塩鉱物結晶の一種と水溶液との境界に着目。この結晶は正電荷をもつ酸素八面体層と,負電荷をもつケイ酸塩四面体層が交互に積層した特徴的な構造をもつため,異なる電荷を持つ表面における水分子の分布の違いを可視化するのに適したモデル試料となっている。

研究では,原子間力顕微鏡(AFM)による3次元フォースマップ法(観察したい領域の表面上の全ての3次元空間で,AFM探針にはたらく力を探針振動の周波数の変化として捉え,試料表面上の相互作用力の3次元分布を求める手法)を用い,クリノクロア表面の水和構造可視化に成功した。

この研究によって,界面の水和構造とそれと同時にはたらく電気二重層力を分子レベルで可視化する新たな手法が確立された。今後,固液界面における物理・化学現象を利用した種々のデバイスの開発や,生体分子の機能解明を理論的,実験的に進めていく上で,強固な基盤が確立したとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,マシンビジョンで細胞100万個同時観察 2021年08月20日
  • 横市大ら,気孔を認識するAI顕微鏡システムを開発 2021年07月29日
  • 群大ら,高精細・低コスト3Dイメージング法を開発 2021年07月13日
  • 理研ら,軟X線顕微分光で接着界面の因子を可視化 2021年06月30日
  • 府大ら,光触媒ナノ粒子の近接場光を画像化 2021年06月24日
  • 佐賀大,パワー半導体の欠陥を顕微鏡で同定 2021年06月02日
  • 東工大ら,フォトニック構造の特性が分かる顕微鏡 2021年05月31日
  • 愛媛大,生体観察用2光子励起光シート顕微鏡開発 2021年05月25日