SEMI,Q3/2017のシリコンウエハ出荷面積は増加と発表

SEMIは11月7日(米国時間),2017年第3四半期(歴年)の世界シリコンウエハ出荷面積が2017年第2四半期から増加したと発表した(ニュースリリース)。

2017年第3四半期に出荷されたシリコンウエハ面積は29億9,700万平方インチで,2017年第2四半期の29億7,800万平方インチから0.7%増加した。また,前年同期比でも9.8%の増加となり,連続して四半期の出荷面積の記録を更新した。

SEMIによると,シリコンウエハの世界出荷面積は,6四半期連続して過去最高記録を更新しており,シリコン需要は堅調だが,一方で価格は前回の加工期以前の水準をかなり下回っているという。

■ 半導体用シリコンウェーハ出荷面積動向 (百万平方インチ

2016年
第2四半期
2016年
第3四半期
2016年
第4四半期
2017年
第1四半期
2017年
第2四半期
2017年
第3四半期
2,706 2,730 2,764 2,858 2,978 2,997

※太陽電池用のシリコンは含まない。

その他関連ニュース

  • 名大,低コスト・アンモニア不要のGaN成長技術開発 2024年05月29日
  • AnsysとTSMC,最先端半導体向けソフトで協業 2024年05月14日
  • 日清紡マイクロ,琵琶湖半導体構想に参画 2024年03月29日
  • SSS,タイの事業所で光半導体製造を開始 2024年03月29日
  • NVIDIA,計算機リソグラフィを生成AIで大幅高速化 2024年03月21日
  • ブイテク,半導体フォトマスク検査装置を初出荷 2024年02月09日
  • トッパンフォトマスクとIBM,2nm向けマスク開発へ 2024年02月09日
  • SCREEN,基板向けAI検査計測ソリューションを設立 2024年01月29日