キヤノン,ナノインプリント装置を東芝に納入

キヤノンは,ナノインプリント技術を用いた半導体製造装置「FPA-1200NZ2C」を,東芝メモリ株式会社(以下東芝メモリ四日市工場に納入したと発表した(ニュースリリース)。

キヤノンは,半導体デバイスの進化の鍵となる回路パターンの微細化が難しくなる中,光露光装置に比べ,より微細な10nm台の回路パターンをより低コストで実現する,ナノインプリント技術を用いた次世代半導体製造装置の研究開発を2004年より続けている。

2014年には,米モレキュラーインプリント社(現キヤノンナノテクノロジーズ)をグループに迎え入れ,半導体デバイスの量産用装置の開発を行なってきた。

ナノインプリント半導体製造装置は,マスク(型)をウエハー上のレジスト(樹脂)に,スタンプのように直接押し付けることで,マスクの回路パターンを忠実に転写することができ,従来の光露光装置に比べて高解像なパターンを描ける。この特長を生かすことで,半導体デバイスの先端リソグラフィプロセスの簡略化を実現し,製造コストを大幅に低減することが可能だとしている。

その他関連ニュース

  • AnsysとTSMC,最先端半導体向けソフトで協業 2024年05月14日
  • 日清紡マイクロ,琵琶湖半導体構想に参画 2024年03月29日
  • SSS,タイの事業所で光半導体製造を開始 2024年03月29日
  • NVIDIA,計算機リソグラフィを生成AIで大幅高速化 2024年03月21日
  • ブイテク,半導体フォトマスク検査装置を初出荷 2024年02月09日
  • トッパンフォトマスクとIBM,2nm向けマスク開発へ 2024年02月09日
  • SCREEN,基板向けAI検査計測ソリューションを設立 2024年01月29日
  • PDSら,ノーマリ・オフ ダイヤモンドMOSFET開発 2024年01月19日