電通大の丹治はるか氏,文科大臣賞若手科学者賞を受賞

電気通信大学の丹治はるか准教授(レーザー新世代研究センター)が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は「光共振器を用いた原子と光の量子制御に関する研究」。この成果は,量子情報通信・処理の実現に寄与するのみならず,微弱な光の究極的な活用法として広範な光科学・応用光学分野の発展に貢献するものと期待されたことから評価され,今回受賞となった。

その他関連ニュース

  • 医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換
    医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換 2024年05月24日
  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • 理研ら,異次元ナノ半導体界面に潜む量子光源を発見 2024年04月12日
  • 第16回レーザー学会産業賞が決定 2024年04月02日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日
  • セブンシックス,パルスレーザーで発明功労賞を受賞 2024年03月13日
  • 三菱電機,半導体レーザーで大河内記念生産賞を受賞 2024年03月01日