電通大の丹治はるか氏,文科大臣賞若手科学者賞を受賞

電気通信大学の丹治はるか准教授(レーザー新世代研究センター)が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は「光共振器を用いた原子と光の量子制御に関する研究」。この成果は,量子情報通信・処理の実現に寄与するのみならず,微弱な光の究極的な活用法として広範な光科学・応用光学分野の発展に貢献するものと期待されたことから評価され,今回受賞となった。

その他関連ニュース

  • 慶大ら,量子もつれに変化をもたらす新条件を発見 2022年01月06日
  • 宇大ら,光による量子もつれ状態の生成過程を解明 2022年01月05日
  • 横国大,電子と光子の幾何学的な量子もつれを生成 2021年12月16日
  • SCREENのUV-LED直接描画装置,発明表彰を受賞 2021年11月04日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日
  • NTT,「基礎数学研究センタ」を設置 2021年10月05日
  • 香取秀俊氏,基礎物理学ブレークスルー賞を受賞 2021年09月10日
  • NeUら,認知症ソリューションファイナリストに 2021年09月09日