【OPIE’17】ウシオ,シートビームレーザーのエントリーモデルを発売

ウシオ電機は,流体や発塵の可視化照明用シートビームレーザーのエントリーモデル「3Wタイプ」の販売を開始したと発表した(ニュースリリース)。

従来,PIV・PTVをはじめとした流速計測は,自動車や航空機などの輸送用機器を中心に,エンジン内部,各種タービン,空調機器,半導体製造装置などで幅広く用いられているが,加えて近年では,以下のような用途でより手軽に流れを可視化したいというニーズが増えている。

・工場のレイアウト変更時などにおける空間的な流れの把握
・製造装置内のプロセスチャンバーのコンタミネーション(コンタミ)の可視化
・タンク内等での液体混合の可視化

そこで同社は,2016年5月に販売を開始した「PIV・PTV計測用シートビームレーザー5Wタイプ」のエントリーモデルとして,コンパクトなサイズや高効率はそのままに,よりコストダウンを実現した「3Wタイプ」を開発した。この製品は,LDの光を直接使用するので,DPSSレーザーの約3倍の高効率を実現。消費電力を抑えるとともに,冷却を含むレーザーヘッド部,ドライバ部分をコンパクト化している。

この製品により,流体や発塵の可視化を定性的に把握したい工場や,高額なPIV・PTV計測システムの導入が困難な大学・研究機関などでの可視化試験やフィールド試験などが容易にできるようになり,現在注目されている「流れの可視化」の技術向上への貢献が期待できるという。

なお,同社はこの製品について,4月19日から21日までパシフィコ横浜で開催される光技術「OPIE’17」内の「レーザーEXPO」(ブースNo.G-22)にて,実機展示およびデモを実施する。

その他関連ニュース

  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 日亜,人にやさしい照明を共同開発 2021年08月23日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 摂南大ら,街の照明が昆虫の冬眠を妨げると証明 2021年07月16日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • DNPら,高速道路で車線変更を指示する照明を開発 2021年07月05日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • 【OPIE】電気硝子,UV-C LED用リッドを展示 2021年07月01日