関学ら,未知の背景放射成分を近赤外線で発見


関西学院大学らの研究グループは,近赤外線の宇宙背景放射を観測するロケット実験により,未知の背景放射成分が存在することを発見した(ニュースリリース)。

近赤外線の宇宙背景放射には宇宙初期の星やブラックホールからの放射が含まれていると期待され,その研究の進展が期待されていた。しかし,近赤外線の波長では地球近傍にある惑星間ダストの放射(黄道光)が強く,遠方宇宙からの背景放射の観測精度が上がらない状況が続いていた。

今回,NASAのロケットに望遠鏡を搭載し,宇宙初期の星やブラックホールの探査を目指して,それに適した0.8〜1.7マイクロメートルの近赤外線波長での宇宙背景放射のスペクトル観測を初めて行なった。

これまでは前景放射である黄道光の影響で宇宙背景放射の明るさがよくわかっていなかったが,今回のスペクトル観測により,黄道光の成分を区別することで,宇宙背景放射の明るさを推算することができた。

その結果,観測された宇宙背景放射の明るさは既知の星や銀河の寄与による予測値の倍以上もあり,宇宙にはまだ認識できていない赤外線を発する天体が大量に存在していると考えられるという。

今回見つかった謎の宇宙背景放射成分は,宇宙初期の星やブラックホールによるものの可能性がある。それが事実なら宇宙進化の解明に関わる重要な発見となるが,その結論を出すにはさらに精度の良い観測が必要となるとしている。

その他関連ニュース

  • 京大ら,レーザーで結晶の生成を超高速計測 2021年07月15日
  • 京産大ら,新星爆発のリチウム生成量に多様性発見 2021年07月08日
  • NAOJ,AIで暗黒物質の観測データからノイズを除去 2021年07月05日
  • 京産大ら,恒星間天体の僅かなガスの分光に成功 2021年07月05日
  • 東大ら,白色矮星と超新星を分ける超新星を確認 2021年06月29日
  • 東大ら,FPGAで完全デジタル電波分光計を実現 2021年06月14日
  • 立教大ら,超新星爆発前の白色矮星の中心密度決定 2021年06月08日
  • 関学ら,宇宙赤外線背景放射をロケット観測 2021年06月08日