古河電工,小型ITLAの狭線幅・高出力化を実現

古河電気工業は,高出力化に適した波長可変レーザーチップを新たに開発し,小型ITLAの更なる狭線幅・高出力化を実現した(ニュースリリース)。

近年,通信基幹網及びデータセンター間での通信トラフィックが世界的に増加している。このようなトラフィック増加に対応するため,光デジタルコヒーレント方式による100Gb/s,200Gb/sの大容量伝送システムの導入が進んできた。

同社は,光デジタルコヒーレント方式の信号光および局発光用の小型ITLAを製品化しているが,通信トラフィックは加速度的な増加が続いており,市場及び顧客からは400Gb/s超,更には1Tb/sを超える大容量化に対応するため,ITLAの更なる狭線幅・高出力化が望まれていた。

今回同社は,長年培ってきたInP(Indium Phosphide)半導体チップ技術により,独自の回折格子構造を持つレーザーアレイと低損失光カプラーをモノリシック集積し,世界トップレベルの高出力化と狭線幅化を同時に実現した「狭線幅・高出力 小型ITLA」の開発に成功した。

この高出力・狭線幅化は,同社の持つ高精度パッケージング技術により消費電力など他の特性を損なわずに,従来と同等以下のパッケージサイズ(下記参照)で実現した。コマンドインターフェースはOIFで標準化されている規格に対応しており,光通信機器へ容易に導入できるという。同社では今後サンプル提供を開始し,その後速やかに量産体制を確立するとしている。

狭線幅・高出力 小型ITLA 同社従来品
波長可変幅 1528~1564nm (C 帯) 1528~1564nm (C 帯)
光出力 19dBm 15.5dBm
線幅 100kHz 300kHz
波長安定性 <±2.5GHz <±2.5GHz
消費電力 5W 5W
サイズ 37.5(L) × 20(W) × 7(H)  mm 37.5 (L)  × 20(W) × 7.5(H) mm

その他関連ニュース

  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • ワープスペース,JAXAの高感度光センサーを開発 2024年05月07日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日