東大ら,3Dビジョンでドローンを自動飛行

東京大学大の研究グループは,リコーおよびドローン・サービスプロバイダであるブルーイノベーションと共同で,非GPS環境下でも安定して自動飛行するとともに,経路上の障害物を自動で回避できるドローンシステムを共同開発し,飛行試験に成功した(ニュースリリース)。

研究グループは,2016年3月16日に,IMUセンサーと3Dビジョンシステムを融合することで,非GPS環境下において自己位置推定を行ない,自動飛行が可能なドローンの飛行試験に成功している。これは,東京大学の安定した姿勢制御が可能なドローンシステムに,自己位置推定が可能なリコーの3Dビジョンシステム(超広角ステレオカメラ)を搭載したもので,非GPS環境下でも安定した自動飛行を実現した。

今回,この超広角ステレオカメラが移動推定に加えて,飛行している経路の3次元地図の生成を同時に行なう。これにより,予定していた飛行経路に出現した障害物を検出し,ドローンが障害物を回避するという自動制御をすることにより,障害物の自動回避と自動飛行に成功した。リコーは産業用ステレオカメラなどの3Dビジョンセンサーを商品化しており,その技術を応用した。

研究グループは今後,さらなる性能・信頼性向上のために現場での実証試験を行うことが必須だとしている。 危険を伴う高所,橋の下,トンネルの中の点検などにおいて,障害物を自動回避しながら自動飛行できるドローンを用いることで,高所・危険作業現場での安全な精密点検が可能になるとしている。

その他関連ニュース

  • ヴァレオのLiDAR,新型ベンツに搭載 2021年12月14日
  • リコーら,フォークリフト用ステレオカメラ開発 2021年10月18日
  • 東北大ら,vSLAMの処理時間を1/60に削減 2021年10月13日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日
  • オンセミのセンサー,ロボットタクシーに採用 2021年07月15日
  • ローム,LiDAR向け高出力LDを開発 2021年07月15日