新潟大,超高解像顕微鏡で神経成長を観察

新潟大学の研究グループは,超高解像顕微鏡を使って,神経の先端が伸びるとき,同時に先端から細胞膜を取り込む仕組みを明らかにした(ニュースリリース)。

成長円錐は伸長中の神経突起の先端に生じる構造で,細胞外の誘導因子に反応して神経突起を正しい方向へ先導することが知られているが,そのメカニズムは完全に説明できていない。

成長円錐が動く仕組みを明らかにするため,成長円錐を構成する部品であるタンパク質を網羅的に同定し,それらのタンパク質が成長円錐のどこに存在するかを明らかにするため,蛍光顕微鏡で生きた成長円錐で観察を行ない,成長円錐の先端から細胞膜が頻繁に細胞内に取り込まれていることを突き止めた。

成長円錐の中でも先端部分はアクチン細胞骨格が沢山存在し,骨格の伸長により実質的な神経の伸びを生み出す。成長円錐の先端部分におけるアクチン細胞骨格と細胞膜のそれぞれの動きを詳細に観察するため,従来の顕微鏡より分解能が格段に優れている超解像顕微鏡(SIM)を使って撮影を行なった。

これらの結果から,神経が伸びながら先端表面の細胞膜を積極的に取り込むことによって,細胞外環境を探る成長円錐のメカニカルな仕組みが解明できた。

神経突起の先端に生じる成長円錐は非常に小さく,厚みの薄い構造なので,従来の顕微鏡では平面的にしか見えない。今回の超解像顕微鏡による解析では,約1㎛の厚みをもつ成長円錐を3次元的にスライスして再構成することに成功した。この可視化技術は,これまで観察が難しかった生体試料の微小立体構造の解明に効果的だとしている。

神経成長の分子基盤解明は,損傷神経回路の再 生・再建および老化や疾患に対する神経再活性化の方法開発にも大きく寄与することが期待される。これまで骨格と膜の協調運動がわからず,どのように神経を再生できるかわからなかったものが,今回解明でき,神経再生への基盤が解明できたとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,様々な波長に対応する軟X線顕微鏡を開発 2022年07月12日
  • 東北大ら,光音響顕微鏡を高精度制御して高画質化 2022年07月05日
  • 理研ら,高解像3次元X線ライトシート顕微鏡開発 2022年06月15日
  • エビデント,デジタルイメージングシステムを発売 2022年06月14日
  • 愛媛大ら,アルツハイマー物質の毒性の原因を解明 2022年06月08日
  • 浜ホト,2光子励起蛍光顕微鏡の空間分解能を向上 2022年05月26日
  • 東大,確率分布で細胞画像解析の精度を向上 2022年04月06日
  • 金沢大ら,細胞内部を直接観察できるAFM技術開発 2022年03月17日