東大,三次元層状化合物で整流特性の新原理を発見

東京大学の研究グループは,空間反転対称性の破れた三次元層状化合物であるBiTeBr(Bi:ビスマス,Te:テルル,Br:臭素)が磁場を加えた状況下で整流特性を示すことを発見した(ニュースリリース)。

従来の整流特性は電子型の半導体(n型半導体)とホール型の半導体(p型半導体)を接合(pn接合)させたダイオード素子や界面デバイス等で実現されていたが,研究で観測した整流特性は結晶構造における空間反転対称性の破れに起因した物質固有の性質であり,整流特性の新しい原理を見出したとしている。

研究ではさらに,整流特性の磁場・電流・キャリア数(電荷を運ぶ粒子の数)・温度依存性等を詳細に測定することにより,観測された整流特性が極性構造を持つ結晶に特有の現象であり,極性構造に由来する固体電子状態によって定量的に説明できることを明らかにした。

この研究成果は,エキゾチックな結晶構造が示す機能性の探索を推進させるだけでなく,一般の空間反転対称性の破れた結晶における非線形電気伝導研究という新たな学術分野を切り開くものとして期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,高品質酸化亜鉛で「電子の相図」を解明 2021年12月24日
  • 広島大,極低温での電子エネルギーの振舞いを解明 2021年12月20日
  • 東工大ら,離れた電子の結合した3次元運動を観測 2021年05月10日
  • OIST,励起子内の電子軌道の撮影に初めて成功 2021年04月22日
  • 東工大,相境界を人工的に形成し電気抵抗率を操作 2021年03月22日
  • 原研ら,重元素化合物中の電子集団の振舞いを計算 2021年02月09日
  • 筑波大,THz-STMにより自由電子を可視化 2021年01月13日
  • 京大,ジッターフリーな超短パルス電子源を開発 2020年12月07日