NEC,宇宙向け放射線耐性LSI技術を開発

NECと産業技術総合研究所(産総研)は,産総研などが推進するオープンイノベーション拠点TIAを活用し,宇宙でのLSI利用に向けて,優れた放射線耐性をもつ独自の金属原子移動型スイッチ「NanoBridge(R)」技術を搭載したFPGA(NB-FPGA)を開発した(ニュースリリース)。

現在のFPGA(SRAM型FPGA)は,人工衛星など宇宙環境で利用する際,放射線の影響でSRAMに書き込まれた回路情報が変化し誤作動が生じる課題がありました。一方,NanoBridgeは従来のFPGAの電力効率を10倍向上することに加え,優れた放射線耐性を備えている。

今回,NECは開発したNB-FPGAを用いて,宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で地上の過酷な放射線環境下で動作実証を行なった。その結果,NanoBridgeのオン・オフが放射線の照射前後で変わらないことを確認した。

これによりNECは,SRAMと比較してNanoBridgeが放射線によるエラー発生頻度を1/100以下にできると予測し,高放射線耐性と超低消費電力を両立するLSIを実現できるとしている。

今後NECとJAXAは,平成30年度に打ち上げる「革新的衛星技術実証1号機」にNB-FPGAを搭載し,実用性と信頼性を検証する。具体的には,宇宙の過酷な環境下で,カメラで撮影した画像をNB-FPGAで圧縮処理し送信する実証実験を行なう予定。

その他関連ニュース

  • 東大,急に明るくなり高輝度で輝く超新星の謎解明 2022年01月19日
  • 東大ら,星のゆりかごに多数の浮遊惑星を発見 2021年12月23日
  • 東大,天の川銀河の外縁部に予想外の構造を発見 2021年12月17日
  • 北見工大ら,海洋由来のエアロゾル粒子に新知見 2021年12月15日
  • NIESら,南米のメタン放出量と気象の関係を解析 2021年12月15日
  • 東大ら,Ia型超新星の爆発直後の閃光を捕捉 2021年12月09日
  • 東大ら,物質優勢宇宙を重力波で解明可能と指摘 2021年12月09日
  • 理研ら,X線偏光観測衛星を打ち上げ 2021年12月09日