島津製作所,X線TVの被曝量低減技術を開発

島津製作所は,同社のX線TVシステム「SONIALVISION G4」向けに,内視鏡による胆管および膵管の検査・治療を行うERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)時のX線照射量を大幅に低減する新しい画像処理技術「SUREengine FAST(シュアエンジン ファスト)」を開発した(ニュースリリース)。

膵臓がんなどの病変を精密に検査するための膵胆管生検や,胆石の除去などの治療では,ERCPと呼ばれる手法が用いられている。ERCPは,口から十二指腸まで内視鏡を挿入し,その先に付いた細いチューブ(カテーテル)から胆道系,膵管を直接造影する手法。

この手法では,カテーテルの位置や造影状態などを確認するため,X線TVシステムの透視機能が使用される。このような手技においては,被検者や医療従事者への被ばくを低減することが求められている。

今回同社は,高速な演算処理によって低線量でもノイズや残像を低減する新しいデジタルフィルタ処理技術を開発した。内視鏡検査に必要なX線画質とリアルタイム性を維持しながらX線量を大幅に低減できるという。

「SONIALVISION G4」で従来の内視鏡検査時に使用されていた透視X線の照射パルスレート(15fps)での比較では,この技術を導入することで,画質やリアルタイム性を維持したまま透視被ばく量を約60%低減できる。

さらに,この技術を導入した上でパルスレートを7.5fpsに落とした場合は,従来の15fps時と比較して透視被ばく量を約80%低減できる。同社は今後,販売する「SONIALVISION G4」にこの技術を標準搭載する。

その他関連ニュース

  • ソニーとオリンパス,協業で内視鏡システムを開発 2022年09月28日
  • JASRIら,分解能2nmのX線フラッシュ顕微鏡を実現 2022年09月14日
  • 東北大ら,テンダーX線タイコグラフィで硫黄観察 2022年09月06日
  • 国がんら,早期大腸がんにESDの有効性を確認 2022年08月08日
  • 愛媛大ら,ロボット手術支援用腹腔内カメラを開発 2022年05月31日
  • 北大,低侵襲の留置が可能なX線マーカーを開発 2022年04月28日
  • 名大ら,大腸内視鏡AI医療機器の精度を実証 2022年04月18日
  • 名大ら,X線のDNA損傷を金ナノ粒子が増強と確認 2022年04月11日