住友電工,自前のビームラインを構築

住友電気工業は2015年2月より,佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター内に,材料分析を行うための実験ステーション(ビームライン)の建設を進めてきたが,本年11月より稼働を開始した(ニュースリリース)。

SPring-8などの放射光施設では,市販のX線装置に比べて1万倍以上の高強度X線を用いることで,従来困難だった高精度・高感度の材料分析が可能となる。これまで同社は自動車用ワイヤーハーネス,無線基地局用デバイス,フレキシブルプリント回路,高温超電導線材,切削工具など各種製品の開発において,国内外の放射光施設を積極的に活用してきた。

しかし,利用できるビームラインは他の機関も共同で利用するものであり,利用時間には限りがあった。そこで,九州シンクロトロン光研究センター内に同社グループ専用のビームラインの建設を進め,今年11月から稼働を開始した。

これにより,難点であった利用時間の不足を解消し,分析ニーズに即応できるようになった。更に製造中あるいは使用環境下での状態を再現したその場分析などにより,製造プロセスや製品特性を革新的に改善し,低コストかつ高品質な製品をより早く開発し,提供できる体制になった。

同社では今後,専用ビームラインを活用し,レドックスフロー電池や光ファイバーなどの新製品の性能向上,及び,既存製品の品質改善など幅広い分野で開発を加速させていくとしている。

その他関連ニュース

  • KEK,汎用性・先端性等に優れた放射光源を提案 2022年01月06日
  • 京大ら,がん多剤耐性物質の立体構造をXFELで決定 2021年12月24日
  • 理研ら,ホロー原子でX線レーザーを短パルス化 2021年10月18日
  • 神大ら,レーザー加速した炭素・酸素イオンを分別 2021年08月24日
  • 京大ら,レーザーで結晶の生成を超高速計測 2021年07月15日
  • 阪大ら,レーザーで液体金属の様子を直接観察 2021年05月24日
  • 東大ら,光照射によるロドプシン変化をXFELで捕捉 2021年03月24日
  • 理研ら,高強度X線による特殊な融解現象を可視化 2021年03月22日