オプトサイエンス,RGB Photonics社製レーザー/分光器の販売開始

オプトサイエンスは,独RGB Photonics社の小型レーザーと分光器の販売を開始した(製品ページ)。

レーザーは375nm~1064nmの発振波長,分光器は190nmから最大2500nmまでのラインナップ。

安価・小型のレーザーや分光器だけでなく,RGB Photonics社では両機器を組み合わせた分光システムの提案も行なっており,様々な分析用途の応じたOEMシステム(エレクトロニクスはソフトウェアを含む)もしくは内蔵モジュールの提案ができるとしている。

レーザーのオプションとして,ファイバーカプラ,中心波長公差選択,組み込み型小型コントローラー等を用意した。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,超高ダイナミックレンジの分光器を開発 2023年01月24日
  • 浜松ホトニクス,成分分析向け光源を開発 2023年01月18日
  • 浜ホト,100Jのパルスレーザーの10Hz発振に成功 2023年01月12日
  • ウシオ,最広温度範囲の405nm/175mW LD発売 2023年01月11日
  • 名大ら,核融合技術を応用しランダムレーザーを開発 2023年01月11日
  • 山形大ら,耐水性/伸縮性ペロブスカイト材料を創出 2022年12月07日
  • DNP,レーザーパターンライトの試験販売を開始 2022年11月25日
  • 旭化成と名大,UV-C LDの室温動作発振を実現 2022年11月25日