ニコン,大型ラインセンサーカメラ向けレンズを発売

ニコンの子会社,栃木ニコンは,大型ラインセンサーカメラに適した産業用レンズ「Nikon Rayfact(ニコン レイファクト)XG」の5機種(0.35倍・0.5倍・0.7倍・1倍・1.4倍)を12月中旬予定より発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

栃木ニコンで開発・販売しているRayfactレンズは,産業用カメラ(ラインセンサカメラ・エリアセンサカメラ)を使用する外観検査用に専用設計したレンズで,FPD(Flat Panel Display)用ガラス基板,PCB(Printed Circuit Board),シート,フィルム,印刷物など,様々な分野の検査に用いられている。

今回発売する「Nikon Rayfact XG」は,特に大型ラインセンサカメラの性能を最大限に発揮することを目的とし,Rayfactレンズにおいて最大クラスのイメージサークルφ86.4mmを実現した。これにより,広範囲の撮影が一度にできるため,検査のスループットを高めることが可能。

また,イメージサークルの中心から周辺に至るまで均一な解像性能と低ディストーションを実現した光学設計により,欠陥検出に適した画像を取得することができるとしている。

その他関連ニュース

  • IDS,次世代3Dカメラシリーズを発売 2023年01月12日
  • キヤノン,高速対応非接触測長計を発売 2022年12月20日
  • キヤノン,約1,900万画素CMOSセンサーを発売 2022年12月20日
  • 三井化学,メガネレンズ加工機器メーカーを傘下に 2022年11月14日
  • 【光フェア】五鈴精工硝子,UV-C透過ガラスを展示 2022年11月09日
  • 独Basler,ToFカメラの新モデルを発表 2022年11月01日
  • エドモンド,レーザーコート平凹レンズを発売 2022年10月11日
  • リコー,機械製造業向け検査用カメラを発売 2022年10月04日