キヤノン,小型最軽量レーザー4Kプロジェクターを発売

キヤノンは,「パワープロジェクター」シリーズの新製品として,4096×2400画素の高解像度LCOSパネルを搭載した「4K600STZ」を2017年4月上旬,「4K501ST」を11月15日より順次発売する(ニュースリリース)。

「4K600STZ」は,4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小・最軽量,「4K501ST」は,4Kランプ光源プロジェクターで世界最小サイズを実現した。常設による運用が多い高輝度な4Kプロジェクターにおいて,可搬できるサイズを実現することで,さまざまな場所で4K映像の投写が可能になる。

いずれも4Kデジタルシネマ(4096×2160画素)を上回る4096×2400画素のLCOSパネルを採用し,「4K600STZ」は6000 lm,「4K501ST」は5000 lmの高輝度と高画質を両立した。4K解像度対応の広角ズームレンズと高性能映像エンジンにより,臨場感のある映像投写を実現する。

「4K600STZ」は,新開発のレーザー光源システムと独自の光学システム「AISYS(エイシス)」により,4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小サイズの体積約7万cm3(幅約559×奥行き624×高さ201mm),世界最軽量の約26kgを実現している。レーザー光源の採用により,光源を約2万時間交換することなく投写可能。

また,映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を拡大させるHDR機能を搭載し,肉眼で見た映像に近い階調表現が可能。さらに,4K/8K映像の放送規格ITU-R BT.2020の色域で撮影された映像入力に対応している。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,100Jのパルスレーザーの10Hz発振に成功 2023年01月12日
  • ウシオ,最広温度範囲の405nm/175mW LD発売 2023年01月11日
  • 名大ら,核融合技術を応用しランダムレーザーを開発 2023年01月11日
  • AGC,4Kパネル用「アンチグレアガラス」を開発 2022年12月20日
  • 山形大ら,耐水性/伸縮性ペロブスカイト材料を創出 2022年12月07日
  • DNP,レーザーパターンライトの試験販売を開始 2022年11月25日
  • 旭化成と名大,UV-C LDの室温動作発振を実現 2022年11月25日
  • 【光フェア】アプトス,害鳥忌避レーザーを展示 2022年11月11日