ローム,高密度実装向け高輝度3色LEDを開発

ロームは,小型化が進むウェアラブル機器やアミューズメント製品のドットマトリクス光源などの民生機器に向けて,リフレクター付きLED「MSL0402RGBU」を開発した(ニュースリリース)。

これはリフレクター付き高輝度3色(赤,緑,青)LEDで,業界最小サイズの1.8mmx1.6mmを実現した。これにより,高い混色性の実現と,高密度実装による,より高精細なLEDの表現を可能にする。

これまで,ドットマトリクス光源に使用されるLEDで主流の3.5mmx2.8mmサイズは,表示が粗くなり,多彩な表示ができないという課題があった。今回,従来品と比較して面積比約70%減を実現。これにより高精細でありながら,高輝度のドットマトリクス光源の形成も可能となり,アミューズメント機器などにおける表現力向上に貢献する。

一般的にLEDに使用される,銀メッキフレームとシリコン樹脂の組み合わせでは,タバコや排気ガスなどの硫黄成分により銀が硫化し,1年で約30%程度輝度が低下してしまう場合があった。新製品は,基板部分に金メッキを使用することにより,シリコン樹脂においても硫化しないパッケージを開発した。

また,従来LEDの静電気対策をするためにはツェナーダイオードが使用されていたが,ドットマトリクス回路では他のLEDへの電流回り込みが生じることにより,不要な部分が発光してしまう場合があった。新製品は,静電気耐圧の高い素子を使用することによりツェナーダイオードが不要となり,ドットマトリクス回路での鮮明な表現を可能にした。

この製品は2016年8月からサンプル出荷(サンプル価格100円/個:税抜)を開始しており,11月から100万個の体制で 量産を順次開始する。生産拠点は,ROHM-Wako Electronics(Malaysia)Sdn. Bhd.(マレーシア)となる。

その他関連ニュース

  • 【解説】伸縮可能な太陽電池が衣服を電源化する? 2024年07月01日
  • 東工大,ネットのように伸びる超薄型生体電極を開発 2024年06月24日
  • 近畿大ら,ペロブスカイトLEDで近赤外円偏光を発生 2024年06月21日
  • 理研ら,波長228nmの遠紫外LEDで高効率動作を実現 2024年06月20日
  • 京セラ,生き物の育成・観賞用に特化したLEDを発売 2024年06月17日
  • 大興製作所,SPOT光源の波長ラインナップを強化 2024年06月03日
  • ams OSRAM,園芸用照明器具向け高出力LED発売 2024年05月29日
  • 富士フイルム,より高画質化した内視鏡システム発売 2024年05月28日