ローム,高密度実装向け高輝度3色LEDを開発

ロームは,小型化が進むウェアラブル機器やアミューズメント製品のドットマトリクス光源などの民生機器に向けて,リフレクター付きLED「MSL0402RGBU」を開発した(ニュースリリース)。

これはリフレクター付き高輝度3色(赤,緑,青)LEDで,業界最小サイズの1.8mmx1.6mmを実現した。これにより,高い混色性の実現と,高密度実装による,より高精細なLEDの表現を可能にする。

これまで,ドットマトリクス光源に使用されるLEDで主流の3.5mmx2.8mmサイズは,表示が粗くなり,多彩な表示ができないという課題があった。今回,従来品と比較して面積比約70%減を実現。これにより高精細でありながら,高輝度のドットマトリクス光源の形成も可能となり,アミューズメント機器などにおける表現力向上に貢献する。

一般的にLEDに使用される,銀メッキフレームとシリコン樹脂の組み合わせでは,タバコや排気ガスなどの硫黄成分により銀が硫化し,1年で約30%程度輝度が低下してしまう場合があった。新製品は,基板部分に金メッキを使用することにより,シリコン樹脂においても硫化しないパッケージを開発した。

また,従来LEDの静電気対策をするためにはツェナーダイオードが使用されていたが,ドットマトリクス回路では他のLEDへの電流回り込みが生じることにより,不要な部分が発光してしまう場合があった。新製品は,静電気耐圧の高い素子を使用することによりツェナーダイオードが不要となり,ドットマトリクス回路での鮮明な表現を可能にした。

この製品は2016年8月からサンプル出荷(サンプル価格100円/個:税抜)を開始しており,11月から100万個の体制で 量産を順次開始する。生産拠点は,ROHM-Wako Electronics(Malaysia)Sdn. Bhd.(マレーシア)となる。

その他関連ニュース

  • 東大,最薄の皮膚貼り付け電極で1週間心電計測 2021年09月17日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 芝工大,安価なウェアラブル体温発電素子を開発 2021年07月20日
  • シャープ,ウェアラブル超小型近接センサを量産 2021年07月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日