【CEATEC】東邦化成,透明圧電シートを開発

東邦化成は透明度が高く均一性に優れた圧電シート「PICLIA(ピクリア)」を開発,IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC」に参考出品した。

圧電膜をITO電極で挟んだ構造で,圧電膜の厚さは10~50μm。全体の厚さは80~130μmとなっている。光学特性は標準品(圧電膜の厚さ20μm)で透明度が全光線透過率95%以上,ヘイズ0.8%,位相差も無いとしている。

圧電定数はd33(pC/N):Ca.12.0±0.5,d31(pC/N):Ca.9.0±0.5,d32(pC/N):Ca.9.0±0.5となっており,従来製品に比べて均一性が非常に高く(膜厚精度±1~3%,異方性無し)圧電性能にもムラが無いのが特長だという。

開発品だが幅500mmでのロール・トゥ・ロールでの生産を実現しており,サンプル提供も可能。同社では応用例として焦電センサーや透明スピーカー,タッチパネルを試作した。またウェアラブル機器でも採用を目指している。

その他関連ニュース

  • 2030年TV世界市場,43.4%増の24兆9,700億円 2022年01月25日
  • 2025年光学レンズ用樹脂市場,123.1%増の559億円 2022年01月25日
  • ブイテク,μLEDディスプレー製造ラインを出荷 2022年01月12日
  • 東レ,マイクロLEDディスプレー向け部材を拡充 2021年12月08日
  • 2026年ディスプレー関連市場,20年比20%増に 2021年12月07日
  • 車載タッチパネル,EV化に向けインセルへシフト 2021年11月29日
  • OKI,非接触で操作可能なATM用パネルを発売 2021年11月15日
  • パナ,非接触スイッチを発売 2021年11月12日