【CEATEC】東邦化成,透明圧電シートを開発

東邦化成は透明度が高く均一性に優れた圧電シート「PICLIA(ピクリア)」を開発,IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC」に参考出品した。

圧電膜をITO電極で挟んだ構造で,圧電膜の厚さは10~50μm。全体の厚さは80~130μmとなっている。光学特性は標準品(圧電膜の厚さ20μm)で透明度が全光線透過率95%以上,ヘイズ0.8%,位相差も無いとしている。

圧電定数はd33(pC/N):Ca.12.0±0.5,d31(pC/N):Ca.9.0±0.5,d32(pC/N):Ca.9.0±0.5となっており,従来製品に比べて均一性が非常に高く(膜厚精度±1~3%,異方性無し)圧電性能にもムラが無いのが特長だという。

開発品だが幅500mmでのロール・トゥ・ロールでの生産を実現しており,サンプル提供も可能。同社では応用例として焦電センサーや透明スピーカー,タッチパネルを試作した。またウェアラブル機器でも採用を目指している。

その他関連ニュース

  • 高機能フィルム世界市場,裾野拡大で2023年は回復へ 2022年08月09日
  • トーヨーカラー,青色光カット剤でOLED長寿命化 2022年07月28日
  • 2027年,中小型AMOLED市場は3兆9,701億円に 2022年07月28日
  • 2026年車載ディスプレー世界市場,12,323百万ドル 2022年06月28日
  • 2022年,LCD-TFT/AMOLED向け偏光板7.1%増 2022年06月07日
  • 東レ,低コストな超ハイバリアフィルムを創出
    東レ,低コストな超ハイバリアフィルムを創出 2022年05月09日
  • 電通大,透明や曲面上に歪みのない空中像を表示 2022年04月15日
  • JDI,従来比4倍の移動度の酸化物半導体TFT実現 2022年04月01日