住友化学の有機EL照明,レストランに納入

住友化学は,同社の高分子有機EL照明オブジェ「JEWELRY JARDIN」(ジュエリージャルダン) が,よみうりランドの遊園地(東京都稲城市)内レストランの装飾照明に採用されたと発表した(ニュースリリース)。

この製品は,東京タワーのライトアップなどで知られている照明デザイナーの石井幹子氏が,よみうりランド向けにデザインしたシャンデリア。オブジェの光源として,同社が開発した高分子有機EL照明が使われている。

同社の高分子有機EL照明は,柔らかい色や鮮やかな色など,多彩な光色を実現できる。また,1枚のパネルの中で2色同時発光を可能とした独自技術により,図や写真などのグラフィック表現も可能にしている。

その他関連ニュース

  • 近大ら,円偏光を発生するOLEDを開発 2022年01月17日
  • 東芝ライ,IoTスマート道路灯を実証実験 2022年01月12日
  • 分子研ら,世界最小電圧で発光する有機ELを開発 2022年01月07日
  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • パナ,人に「回遊」や「滞留」を促す照明法を提案 2021年10月21日
  • トライテラス,内視鏡用青色照明を⼤学病院へ導⼊ 2021年10月14日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日