住友化学の有機EL照明,レストランに納入

住友化学は,同社の高分子有機EL照明オブジェ「JEWELRY JARDIN」(ジュエリージャルダン) が,よみうりランドの遊園地(東京都稲城市)内レストランの装飾照明に採用されたと発表した(ニュースリリース)。

この製品は,東京タワーのライトアップなどで知られている照明デザイナーの石井幹子氏が,よみうりランド向けにデザインしたシャンデリア。オブジェの光源として,同社が開発した高分子有機EL照明が使われている。

同社の高分子有機EL照明は,柔らかい色や鮮やかな色など,多彩な光色を実現できる。また,1枚のパネルの中で2色同時発光を可能とした独自技術により,図や写真などのグラフィック表現も可能にしている。

その他関連ニュース

  • パイフォトニクス,レーザー光源採用の照射装置発売 2024年04月18日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • ams OSRAM,2次元コードでLEDの個別データを提供 2024年04月01日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • 阪大,明所でも鮮明なプロジェクションマッピング 2024年03月18日
  • パナ,マイクロLEDを活用の次世代照明器具技術開発 2024年03月08日
  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日
  • 名大ら,有機EL材料の発光効率の増幅機構を発見 2024年02月01日