富士通,ICTでバスケットリーグをサポート


富士通は,日本バスケットボール協会および,ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグと,パートナー契約を締結した(ニュースリリース)。

同社は今回の契約を通じ,世界に通用する選手・チームを輩出するための「データ・マネジメントサービス」の提供,エンターテイメント性の追求を支援する「デジタルマーケティングプラットフォーム」,夢のアリーナを実現する「スマートアリーナソリューション」の提供を行なう。

「スマートアリーナソリューション」は,富士通研究所で開発中の高精度な3Dレーザーセンシング技術やプレイヤーモーショントラッキング技術などのスポーツIoTや,自由視点映像生成技術を活用しており,2018年を目標に提供する。

3Dレーザーセンシング技術は,富士通研究所独自の3Dレーザーセンサーにより,マーカーを装着することなく,立体的かつ高精度に取得した選手の3Dモーションデータをリアルタイムに分析し,選手の個人スキルやチーム力の向上を支援する。

プレイヤーモーショントラッキング技術は,死角のない複数のカメラ撮影により,選手の位置や動きを自動的かつ正確にトラッキングし,スタッツを生成する。これにより,フォーメーション分析などチームプレイの精度向上や戦術の策定を支援する。

自由視点映像生成技術は,複数のアングルで撮影したカメラ映像から被写体の3次元構造を解析することにより,自由な視点から見ることのできる映像を生成する。通常はカメラが置けない方向からの迫力ある映像を生成することにより,アリーナやテレビ,タブレットでの新たな視聴スタイルを提供し,エンターテイメント性の向上を図る。

これらにより,世界に通用する選手やチームの輩出や夢のアリーナの実現とともに,各チームの拠点となるアリーナを中心としたコミュニティーの創造やまちづくりにも貢献するとしている。

関連記事「富士通,レーザーによる体操判定技術を開発へ

その他関連ニュース

  • 浜ホト,100Jのパルスレーザーの10Hz発振に成功 2023年01月12日
  • ウシオ,最広温度範囲の405nm/175mW LD発売 2023年01月11日
  • 名大ら,核融合技術を応用しランダムレーザーを開発 2023年01月11日
  • 山形大ら,耐水性/伸縮性ペロブスカイト材料を創出 2022年12月07日
  • DNP,レーザーパターンライトの試験販売を開始 2022年11月25日
  • 旭化成と名大,UV-C LDの室温動作発振を実現 2022年11月25日
  • 【光フェア】アプトス,害鳥忌避レーザーを展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】シャープ福山,AR用レーザー展示 2022年11月11日