ソニー,同社史上最高画質の4Kテレビを発売

ソニーは,全てのLEDを完全独立駆動させる独自開発のバックライト技術「Backlight Master Drive™」と,さまざまな映像をHDR(ハイダイナミックレンジ)相当にアップコンバートできる「HDRリマスター」など最新の画質技術を持つ4K高画質プロセッサー「X1™ Extreme」を搭載した,4K HDR信号対応テレビ ブラビア®「Z9Dシリーズ」3機種を発売する(ニュースリリース)。受注生産となる100V型は7,000,000円,75V型と65V型はオープン価格。

新シリーズが搭載するバックライト技術は,パネル背面に高密度に敷き詰めたLEDが,一つ一つ独立して駆動し,細かい範囲での明暗を表現することで,高コントラスト,高輝度を実現した。また,独自の光学設計により,個々のLED光が隣接部分へ拡散することを防ぎ,より細かい範囲での明暗のコントロールと高輝度化を可能にしている。

4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」には,従来の4K高画質プロセッサー「X1™」の画質処理に加え,さまざまな映像をHDR相当にアップコンバートする「HDRリマスター」や,ノイズ低減を強化する「デュアルデータベース分析」,なめらかな色の階調表現を実現する「Super Bit Mapping™ 4K HDR」を新たに搭載した。

さらに,「Backlight Master Drive」の多数のLEDを精緻にコントロールし,それに合わせて液晶パネルの画素も緻密に連携させている。これにより,HDRではないさまざまなコンテンツもHDR相当の映像にアップコンバートして楽しめるという。

その他関連ニュース

  • ブイテク,μLEDディスプレー製造ラインを出荷 2022年01月12日
  • 東レ,マイクロLEDディスプレー向け部材を拡充 2021年12月08日
  • 2026年ディスプレー関連市場,20年比20%増に 2021年12月07日
  • 車載タッチパネル,EV化に向けインセルへシフト 2021年11月29日
  • 三菱,テレビ事業を縮小 2021年11月01日
  • シャープ,mini LED+量子ドットテレビを発売 2021年10月27日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 金沢大ら,4K-3Dビデオ顕微鏡による手術を提唱 2021年06月14日