千葉大ら,紫外線から植物を守る遺伝子と物質を同定

千葉大学は,独マックス・プランク植物分子生理学研究所との共同研究により,有害な紫外線から植物の花を守る作用のある新規のフラボノイド類をモデル植物シロイヌナズナから単離同定した(ニュースリリース)。

さらに,このフラボノイドを生合成するために必要な遺伝子を同定し,このフラボノイドと生合成遺伝子は,強い紫外線があたる地域に生息する自然変異体にだけ見いだされることを明らかにした。

この生合成遺伝子と似た配列の遺伝子は他のアブラナ科植物ゲノムにも見いだされ,アブラナ科植物の紫外線に対する適応進化について詳細な研究が期待されるという。

このように異なる自然変異体に特徴的に紫外線ストレスと相関して蓄積される防御機能を有するフラボノイド類とその生合成遺伝子が解明されたのは初めてだという。

これは,アブラナ科植物が有害な紫外線に対して適応進化してきた事が示唆されるもので,紫外線に対する防御機能の進化について詳細な研究が期待されるとしている。

関連記事「九大,植物の核の移動メカニズムを解明

その他関連ニュース

  • 国立環境研究所,非光合成性へ移行過程の藻類発見 2022年01月26日
  • 帯畜,北海道生育植物に猛暑日の光合成低下を発見 2022年01月20日
  • 京大,藻類が光合成を柔軟に維持する仕組みを発見 2021年12月24日
  • 東工大ら,シアワセモが光を防御することを発見 2021年11月19日
  • 岡山大ら,窒素固定を行なう光合成反応機構を解明 2021年11月18日
  • 三重大ら,光合成細菌の光捕集反応部を立体視化 2021年11月05日
  • 岡山大,穂の白いオオムギは光合成が低いと解明 2021年10月27日
  • 東大ら,脂肪酸の光合成活性阻害の仕組みを解明 2021年09月30日