日機装,米深紫外LED企業を孫会社化


日機装は,同社米国の連結子会社であるNikkiso America, Inc.(NAI)が,深紫外線LEDを用いたモジュール・システムの開発,製造および販売を行なう,米AquiSense Technologies LLCの全発行済み株式を取得することについて決議したと発表した(ニュースリリース)。取得価格は9,300,000ドル(約9億5,000万円)。

深紫外線LEDは,水や空気の殺菌・消臭、医療用途の殺菌・治療,表面改質や樹脂/インク硬化用の光源,分析・計測機器向けの光源など,非常に広範な用途での使用が期待されている。

これまで,同社と日機装技研は,深紫外線LEDのチップ,パッケージだけでなく,それらを組み込んだモジュール,システムの開発,製造および販売を行ない,技術及び市場の開拓に取り組んできた。

一方,AquiSenseは,水殺菌,空気殺菌,表面殺菌,計測分野向けに,深紫外線LEDを用いた製品の開発,製造および販売を行なっている。なかでも,同社は,深紫外線LEDを用いた水殺菌モジュール「PearlAqua」を既に上市しており,グローバルに本格販売を開始している。

今回の孫会社化により,日機装は深紫外線LED事業での市場の開拓をより加速する。さらに,AquiSenseが持つ深紫外線LEDのモジュール,システムに関する先進技術の獲得により、日機装グループ全体として深紫外線LEDのモジュール,システムにおける競争力の強化を図るとしている。

その他関連ニュース

  • OIST,青色ペロブスカイトLEDの安定化に成功 2022年01月25日
  • 広島大,量子収率80%のシリコン量子ドットを合成 2022年01月21日
  • オリンパス,米気管支診断支援システム企業を買収 2022年01月12日
  • スタンレー,2タイプのUV除菌機を発売 2021年12月20日
  • ams OSRAM,ヘッドライト用高輝度LEDを発売 2021年12月10日
  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • ams OSRAMら,UV-C LEDの感染抑止能力を確認 2021年11月11日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日