東大ら,重力波の起源について新理論

東京大学および京都大学,立教大学からなる研究チームは,最近米国を中心としたLIGO-Virgoチームにより重力波と共に発見された連星ブラックホールが,宇宙の誕生直後に形成した原始ブラックホールであるという新理論をまとめた(ニュースリリース)。

原始ブラックホール連星自体は,90年代に盛んに議論されていたが,その存在量に対しその後別の観測から上限が課されたため,ほとんど注目されていなかった。

今回,原始ブラックホールの暗黒物質に占める割合が低いという状況の下で,連星ブラックホールの合体頻度を計算したところ,宇宙の暗黒物質の千分の1ほどを占めると仮定すると,予言される合体頻度が観測から決めた合体頻度と良く合うことが明らかになった。

今後,重力波や宇宙マイクロ波背景放射の観測データがさらに蓄積してくることで,今回提唱したシナリオが正しいことを確認できれば,初期宇宙の理解が一段と深まるとしている。

関連記事「国立天文台ら,ブラックホールの超光速運動を検出」「慶大,天の川で二番目に大きいブラックホールの兆候を発見」「LIGOら,2例目となる重力波を観測

その他関連ニュース

  • NAOJら,超淡銀河から恒星ストリームを初めて発見 2023年01月27日
  • 広島大ら,合体途中銀河のエネルギー源の位置を特定 2023年01月23日
  • 北大ら,光干渉計等で宇宙ダストの生成を解明 2023年01月16日
  • 東大ら,ビッグバンから宇宙初期の銀河を調査 2023年01月16日
  • 阪大ら,レーザーで宇宙の電子加速の理論を検証 2023年01月13日
  • ABC,宇宙における光合成の蛍光検出の可能性を検討 2023年01月11日
  • 東大ら,宇宙フィラメントからX線信号を検出 2022年12月27日
  • ABCら,巨大惑星に似た褐色矮星を直接撮像で発見 2022年12月26日