竹中システム機器,1200万画素CMOS検査用カメラ発売

竹中システム機器は,高感度・高精細のCMOSセンサーを搭載したフルフレームシャッター(カラー)カメラ「FC(S)M12MPL」を発売した(製品ページ12)。

1,200万画素(4,000(H)×3,000(V),画素サイズ3.1μm)で最大20f/sの画像出力が可能。高感度CMOSセンサーにより,1200万画素と高画素でありながら汎用性の高いCマウントを実現した。

受光面積の広いローリングシャッター方式を採用し,高感度,低ノイズを実現。画像出力は12/10/8bitデジタル信号(Camera Link 方式)で出力する。高速読出しに Full Configuration,低速読出しには Base Configuration等,用途によって接続方式を選択できる。

グローバルリセット機能を装備し,ストロボ照明と併用することでグローバルシャッター機能を持つカメラと同様にランダムシャッター(非同期リセット)動作ができる。

産業用カメラの出力規格として広く普及している電源非重畳のCamera Link方式キャプチャーボード,電源重畳の PoCL方式キャプチャーボードのいずれでも使用できる。

独自の回路設計,機構設計にて小型(48×45×36.7)で軽量(110g)を実現。高解像度の画像処理装置の入力機器やLSI外観検査機器,顕微鏡,部品実装検査機器, 液晶パネルなどの検査機器用途に適している。

初投稿時にフレームレートを「2f/s」としておりましたが「20f/s」の間違いでした。訂正いたします。

その他関連ニュース

  • ソニー,1.0型センサー搭載の5Gスマホ発売 2021年11月02日
  • Basler,「ace2」シリーズに新モデルを追加 2021年10月20日
  • キヤノン,VR映像撮影システムを発表 2021年10月18日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日