SEMI,Q2/16 のシリコンウェーハ出荷面積は過去最高と発表


SEMIは,7月26日(現地時間),SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウエハ業界の分析結果をもとに,2016年第2四半期(歴年)の世界シリコンウエハ出荷面積が2016年第1四半期から増加したと発表した(ニュースリリース)。

2016年第2四半期に出荷されたシリコンウエハ面積は27億600万平方インチで,2016年第1四半期の25億3,800万平方インチから6.6%増加し,四半期の出荷面積では過去最高となった。また,前年同期比でも0.1%の増加となった。

シリコン出荷面積の成長は勢いを増し,四半期の出荷面積としては過去最高となった。しかしながら,年初からこれまでの出荷面積は,前年比で実質的に横ばいとなっている。

半導体用シリコンウェーハ出荷面積四半期毎動向(百万平方インチ)

2015年第2四半期 2016年第1四半期 2016年第2四半期
2,702 2,538  2,706

 

その他関連ニュース

  • 2022年物流ロボティクス市場,299億8,000万円に 2023年01月31日
  • 東大,塗布型半導体で最高クラスの高速動作を達成 2023年01月27日
  • 2022年偏光板の世界生産量,前年比79.4%に 2023年01月18日
  • 2025年MEMS世界市場,2兆360億円に拡大 2023年01月18日
  • 2021年国内一般照明市場,2.5%増の9,219億円 2023年01月11日
  • 東北大,セルロースナノファイバーに半導体特性発見 2023年01月11日
  • 名大ら,核融合技術を応用しランダムレーザーを開発 2023年01月11日
  • 日立ハイテク,ウエハー表面検査装置を発売 2022年12月20日