理研ら,ES細胞から毛様体縁を含む立体網膜を作製することに成功

理化学研究所(理研)と住友化学の共同研究グループは,ヒトES細胞(胚性幹細胞)から,毛様体縁幹細胞ニッチを含む立体網膜(複合網膜組織)を作製することに成功した(ニュースリリース)。

毛様体縁は,胎児の網膜の端に存在する領域で,これまでに魚類や鳥類などで幹細胞を維持する特殊な構造(ニッチ)として働いていることが報告されていた。しかし,ヒトの毛様体縁の網膜発生における役割はほとんど明らかにされていなかった。これを解明するには,ヒト毛様体縁を含む立体的な網膜を安定的に作製する新たな技術が有用となる。

これまで理研の研究チームは,「SFEBq法(無血清凝集浮遊培養法)」という分化誘導法を開発し,ES細胞やiPS細胞(人工多能性幹細胞)から,複雑な神経組織を作製してきた。網膜についても,マウスES細胞やヒトES細胞から立体網膜を作製している。

今回,共同研究グループはSFEBq法をさらに改良して,新しい網膜分化誘導法の開発に挑んだ。その結果,胎児型網膜とよく似た,毛様体縁を含む立体網膜を作製することに成功した。そして,作製した立体網膜を詳しく解析したところ,ヒト毛様体縁には幹細胞が存在し,この幹細胞が増殖する機能を発揮することで,網膜を試験管内で成長させることが分かった。

新しい分化誘導技術には,立体網膜を効率よく安定的に生産できる長所がある。現在,理研を中心としたグループは,この分化誘導技術を用いて生産した立体網膜を,網膜色素変性を対象とした再生医療に応用するための研究を進めている。

関連記事「国立成育医療研究センター,iPS細胞から神経線維を持つ視神経細胞を作製」「理研,自家iPS細胞由来網膜色素上皮シートの移植をヒトに実施

その他関連ニュース

  • OIST,網膜神経節細胞の生存に必要な遺伝子を特定 2022年03月23日
  • 総研大,アゲハの光応答を明らかに 2022年02月08日
  • 理研ら,機能性の高い移植用網膜組織を開発 2022年01月21日
  • 京大ら,早産児の注意切替をアイトラックで調査 2022年01月12日
  • OIST,発生期の免疫細胞の移動経路を明らかに 2021年12月08日
  • 阪大ら,発達障害関連遺伝子の視覚への影響を発見 2021年12月08日
  • 岩手大,室内光で応答する光受容タンパク質を開発 2021年10月15日
  • NIMS,ヒトの様に錯覚する人工視覚素子を開発 2021年10月12日