課題山積,2021 年

2020年は,世界中が新型コロナウイルスに振り回された1年でした。本稿に取り掛かっている11月末現在も,我国は第3波の渦中です。感染者の急増はなかなか抑えられず,地域によっては医療崩壊の危険性も指摘されています。

新年にあたり,2021年には,もう少し安心・安全な日常生活が取り戻されることを切に願います。早急に,一般人にも,効果の期待できそうなワクチン接種が始まって,春先には,コロナの蔓延を押さえ込む目処が付き始めていればと望みます。親しい友人との桜を見る会はまだ時期尚早かもしれませんが,桜の通り抜けくらいは楽しめると良いがと思います。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日