筑波大,有機光デバイスに適した高分子合成技術を開発

筑波大学,物質・材料研究機構らの研究グループは,有機電子光デバイス用高分子半導体を合成するための新しい合成技術の開発に成功した(ニュースリリース)。

従来よりも簡便なプロセスで高分子半導体を製造できるだけでなく,省資源・低環境負荷な生産も可能となるため,有機EL素子や有機薄膜太陽電池などの有機電子光デバイスの普及に広く貢献が期待される。

有機電子光デバイスを構成する材料の一つであるπ共役高分子は,これまで主にクロスカップリング反応を利用して合成されてきた。この反応は多様な高分子合成を可能にする一方で,スズやホウ素,ハロゲンなどを官能基として利用するために,必然的にそれらの官能基を持つ原料(モノマー)を事前に
合成する必要があった。さらに,これらの官能基に関連した副生成物を反応後に高分子から分離・除去しなくてはならなかった。

研究グループは,2種類の芳香族化合物のC-H結合を直接反応点として利用する原子効率の高いクロスカップリング反応を用いることにより,高分子半導体が得られるまでの合成ステップを2工程以上削減することを可能とした。さらに,酸素を最終酸化剤として利用することで,酸化剤の使用量を大幅に低減するとともに,この反応で生成する主な副生成物は無害な水となった。

この反応では,異なる機能を有する2種類のモノマーを原料に用いると,それぞれの機能を合わせ持つ高分子半導体が創出できる。今回は,電子輸送性モノマーと正孔輸送性のモノマーを重合することで,電子・正孔両電荷輸送性型の高分子半導体の開発に成功した。これを薄膜化してデバイスを作製したところ,電子,正孔が再結合して発光する有機EL素子の材料として機能することが確認できた。

このように,この反応は,様々な機能を有する高分子半導体を,従来の合成技術よりも省資源・低環境負荷で製造するプロセスを提供するとしている。

その他関連ニュース

  • 兵県大ら,高分子材料の高次構造を新手法で表現 2021年01月28日
  • 東工大ら,応力で変色し強度を増す高分子を開発 2021年01月25日
  • 東工大,高分子結晶化過程を可視化・定量化 2021年01月06日
  • 東大,安全・再利用可能なラジカル発生剤を開発 2021年01月06日
  • 九大,SHG/光スイッチ特性を持つ有機結晶を発見 2020年12月23日
  • 東工大,高分子破壊時のメカノラジカルを可視化 2020年11月19日
  • 理科大,プロトン伝導で変色する透明高分子膜開発 2020年09月08日
  • 名大,安定化不要のお椀型近赤外吸収色素を創出 2020年08月19日