太陽地球工学の行方


 筆者の居所,南関東では,このところ再び酷暑の日々となっています。東北南部から九州にかけても広く酷暑のようですが,北日本は異常な大雨に襲われています。日本だけでなく,アジアや欧米,さらには北極圏や南極大陸も高温にみまわれているそうです。同時に,最近,世界各地での洪水や旱魃,森林火災のニュースを,頻繁に見かけます。地球温暖化を実感させられている気分です。

我が国の天気予報は,以前に比べずっと正確になって来たように感じます。ただ,線状降水帯の発生や突発的な雷雨,突風など,局所的な気象の予報は,まだまだ不十分なようです。人命や財産に大きな被害をもたらす局所的気象災害を正確に予測できるように,観測網の充実や新しい観測技術の導入,民間などとの連携強化を含め,予報技術のさらなる向上を図っていただきたいと思います。

 7月末に,MIT Tech Rev.等のネットメディアが,米国政府は「太陽地球工学(solar geoengineering)」政策の実施を決めた,と報道しています。実は,米国アカデミーズ(National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine)は,昨年,米国は太陽地球工学研究プログラムを立ち上げ,初期投資(5年間で1~2億ドル)を始めるべきだ,と勧告したそうで,今回の決定は,このような動きに呼応したもののようです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 日本の未来に立ちはだかるエネルギー問題 井筒 雅之 2024年06月11日
    • 光業界に求む,チャレンジ精神 井筒 雅之 2024年05月10日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日