エネルギーを考える

脱炭素社会をどのように実現するかについて,百家争鳴,喧々轟々のようです。5月の連休中には,脱炭素政策・進まぬ議論,との記事が出ていました(日経,2021/05/03)。

その中で,目にする機会が多くなったように感じるのは,水素エネルギーの活用策です。各国が水素覇権を競っている,との記事も掲載されていました(日経, 2021/04/12)。LPGなどから取り出す水素は,低コストで大量に製造できるけれど,二酸化炭素も同時に発生する(グレー水素)ので,CO2の回収,貯留が重要となります(ブルー水素)。

一方,水の電気分解による水素製造は,クリーンだけれど大量に電力を消費します。風力や太陽光など再生可能エネルギーと組み合わせて水素を製造する方法が研究されています(グリーン水素)。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • シンギュラリティ時代に備える 井筒 雅之 2021年07月07日
    • 先延ばし(procrastination) 井筒 雅之 2021年05月12日
    • AIバイアス問題 井筒 雅之 2021年04月05日
    • SNS社会の影響力 井筒雅之 2021年03月17日
    • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
    • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
    • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
    • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日